日々の生活

「幕末相棒伝」について思うこと

NHKの「正月時代劇」と銘打ち放送された番組です

正月時代劇です。その通りに、新年1月3日の21時から放送されました。90分の1回の放送でした。見る前から90分1回では時間が短すぎて不安があ李ながら見させていただきました。なお、申し訳ないのですがしっかりと録画観賞です。でも、出演者の英太、向井さんと言う2名の私のライバルが出ているため自動録画では無く、指定録画でした!

制作統括がNHKと松竹でした。やはり時代劇には、三谷さんより松竹なのでしょうか?

結論です。大変良い作品だと思います!

坂本龍馬を英太さん、土方歳三を向井理さんが演じ、その2人が協力して事件解決を目指す物語です。90分1回放送ですので、進行が、無理に引っ張るところも無く、内容がテンポ良く進んで行きました。状況説明を含めてからの展開も丁寧でした。2人が協力をして事件解決に与えられた時間が2日名部分では、さすがに無理が…。しかし、時間の余裕が無い放送時間枠です。その2日間の進行もテンポ良く進んで行き、違和感を感じませんでした。特に、良く感じたのは番組最期の部分です。メインの2人は、その活躍時代から亡くなるところまで、日本の歴史上でも珍しく、多くの人が知る2人です。短い枠の中で、そこを含めてまとめられているのが、良かったです。繰り返しになりますが、中だるみがありませんでした。

冒頭にもお伝えしましたが、出演者が豪華です。さすがNHKです。でも、ズルイ…

出演者が豪華です。正月の特別番組としても、どう考えても、豪華すぎます。90分、1回放送の出演者とは思えません。ケチな私であれば、メイキングも含めて、本編10分の30分番組として3ヶ月ほど、放送したい気分です。さらに、その出演者の登場時間が短い方も多く、単なる視聴者で有りながらも、もったいない気がします。特に岩倉役の中村梅雀山です。出演時間が余りにも短いです。あげくに最期は、蹴鞠が直撃です。よく、出演を了解されたものです。

それと、存じ上げませんでしたが、近藤勇役・西郷隆盛役のお二人は、私のイメージ通りです。もっとも西郷さん役の方には、もう少し”ふくよか”になってもらった方が良かったのですが…、出演が決まった時に連絡をいただければ、私が”ふくよか”指導が出来たのですが…。

また、永井役の杉本哲太さんですが、相変わらず太いズボンが似合います!昔のリーゼントは、中央部がポマードで細く固めて、そり込みが独特です。杉本さんの頭のアドリブが光ります!私は、頭皮が光っていますが…。

かぎりなく、余談ですが…

時代劇のドラマで気になるのが、ドラマの撮影場所です。京都の人間にとって撮影場所が気になります。撮影場所が分かったところはありませんでしたが、大覚寺が含まれていたでしょうか?時代劇を撮影場所を気にしないで楽しめるには、今少し時間が掛かります。特に、他府県に住む現在において、あれは何処で撮影されたの?と聞かれることを想像すると、落ち着けません!

ちなみに、早速ですが再放送です

1月15日(土)BS4Kで11時から12:40で100分です。10分ですが拡大放送されるそうです。10分が本編内容が拡大されるのか、メイキング部分が追加されるかは、不明ですが、もっとも私は4Kが見れません!大体、4Kが分かりません!おGにも分かる放送をしてもらいたいです。

できれば、衛星放送ぐらいで、100分版再放送の再放送をお願いします。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-日々の生活
-

© 2022 White Wave