日々の生活

「三谷殿と13人」について思うこと

本当は、「鎌倉殿の13人」ですが…

そうなんですが、ほぼ内容は、三谷殿の13人の俳優の世界です。三谷ワールド全開の印象です。

三谷物と言えば、と言う俳優陣です。筆頭は、佐藤浩市さんでしょうか?真面目にふざけることが出来る、俳優さんです。次点には、体型から漂う大物感、西田敏行さんです。法王の夢枕は、「素敵な金縛り」を彷彿させます。いつもの戸田恵子さんは、今回お休みで、長澤まさみさんがナレーションです。

それにしても、大河をも居ているとタイトルが「三谷殿の…」を想起してしまいます。

それにしても…、

三谷作の大河は以前にもありましたが、今回ほど、三谷色を押し出しているのは、今回強く感じます。俳優陣の他にも、内容に出てきています。「素敵な…」は、完全に同じシーンです。他のシーンにも感じますが、俳優の方の演じ方で、イメージしてしまう部分も有り、いつしか他の作品と似ている箇所を探してしまいます。そのため、内容に集中が、難しいい~!

NHK大河ドラマ枠に思うことは…。鎌倉殿ですか?

最近の傾向でしょうか?昔、私が習った頃の日本史の修正が多い気がします。足利尊氏の絵が違うとか、「鎌倉殿」と呼称していたとこか…。日本史の修正は可能でしょうが、私の記憶の修正は、既に不可能です。忘却なら、苦なく可能です。どうも、最近は富みに、物忘れが…。

日本史では、鎌倉時代に限らず、す~と学ぶ物で、深く学ぶものが、大河ドラマだったりしていたのです。ちなみに、私の記憶に残る一番古い作品は、「黄金の日々」でした。先日まで、衛生で再放送されていました。

そのため、今回の「鎌倉殿~」は、現在の受験者の方々やこれからの受験者にとっては、楽しく学べる契機にもなるかも知れませんが、見た後に、楽しさだけが残る心配が…。

それにしても、鎌倉時代の幕府運営が、集団指導体制だったとは思いませんでした。てっきり、源総軍亡き後は、北条氏の執権、得宗時代に移行していたと思っていました。また、大河ドラマを見続けていれば、気が長い話ですが、歴史が繋がります。松山ケンイチさんの「平清盛」と私が好きな「太平記」(主演:真田広之さん)で、今回の話が繋がります。1年で1つの話題なので時間がかかるのが問題ですが…。もっとも過去の作品の内容を思い出せないのが、悩みですが…。

これからの不安です

「紅白歌合戦」です。私が子供の頃には、出演者の方々が何故選ばれたのか?それが不思議で、特に終盤に出てくる歌手の方は、知らない人が多かった記憶です。今思えば、大御所の方々です。また、紅白の前に放送されていた「レコード大賞」から歌手の方が、移動して来るのも楽しみの一つでした。子供ながらにNHKと民放が協力することに、特別感を感じていました。

それが、現在では、紅白面影が…。時間的には、大幅に延長され、内容も今時になっているとは思いますが、何か物足りない気がします。原因は、永遠のマンネリ感が伝える「特別感」かと思いますが…。

結論としてですが…

今回の「鎌倉殿~」は楽しく見れます。今まで、大河ドラマを見ていない人も見ていると思います。内容も出ている俳優の方々も期待を越えて楽しめます。私が心配することでは無いのですが、「紅白歌合戦」の二の舞を心配しています。今、人が見たいことのみ、追求しないで、建物の心柱が動かないことを期待しています。

私が望のは、「大河ドラマ」が迷走しないことです。「水戸黄門」や「遠山の金さん」の印籠や桜吹雪の入れ墨を求めています。安定のマンネリ感がもたらす、安心感です。別段、勧善懲悪を求めては居ませんが、最近はハッピーエンドを好む傾向です。

主人公は、北条氏ですので、問題なくハッピーエンドだと思いますが…。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-日々の生活
-

© 2022 White Wave