令和3年度 長野県

篠ノ井線廃線敷ウオーク

https://white-wave-s.com

我ながら、ネット情報や嫁には、困ります

昨日の今日なのですが、またもネット情報で動き始めます。正確には、嫁が地元で開催されているケーキ屋さんのスタンプラリーに参加していることです。地元の特産品で作ったケーキです。今年のメインはトウモロコシとイチゴです。去年の食材より改善していますが、トウモロコシはどうも…。食材としては甘いですが、ケーキにするのでは、どうしても抵抗があります。

考えること無く、家を出発しましたが、少しケーキを買うには時間が早いです。そこで思い出したのが「篠ノ井線廃線敷」です。紹介の写真では紅葉がきれいでした!

日帰りです(令和3年10月16日 土曜日) 性懲りも無く…

そうです、ネット情報で2日目の紅葉探しの旅です!どうも、自分探しの旅よりも見つけるのが、困難な気がする今日この頃です。でも、どちらも見失っている気もします!

こちらの場所は、JR明科駅から始まっている表記がされています。こちらの駅には無料駐車場があるので、ここからのスタートも可能ですが、私達は「明科総合福祉センターあいりす」の奥の神社からスタートしています。こちらも数台の駐車スペースがあります。

9:20駐車スペースに車を止めて、お散歩準備です。話は戻りますが、本日はあくまで、ケーキ探しの旅でしたので、私達の服装は、ちょっと近所までスタイルです。こちらの廃線は、ほぼ木々に囲まれていますので、問題無いかと思いタオルやお茶を持って出発です。こちらの廃線敷は、砂利道になります。この砂利は、線路のあるものでは無く、地元の方が整備するために敷かれている砂利になります。なお、この道は歩行者と自転車、許可を受けた車(沿線に住居や畑があります)が通ります。また、自転車が通行可能ですが、普通の自転車のタイヤでは、難しいかと思います。MTBぐらいでしょうか?本日は残念ながら雲が多く北アルプスは、雲の中です。山の紹介図の訂正が気になります。さらに、トンボも気になります!

さて、山の案内図の場所から見えていたのですが、こちらの廃線敷のメインがいきなり登場です。「三五山(さごやま)トンネル」です。廃線に残るトンネルです。全行程で3つほどトンネルがあったと思います。今回はこのトンネルのみですが…。このトンネルは、入ればすぐに出口が見えています。しかし、中央部付近では真っ暗です。通行可能な時間は、灯りがあるのですが、下とは見えません。微妙に足下が濡れていますが、濡れている程度のため問題は無いかと思います。懐中電灯までは要りません。かすかにですが、USJのハリーポッターエリアを思い出します。

トンネルを抜けると紅葉だったのを期待していたのですが…。時候の挨拶としては、新緑の候が使えそうなぐらいです。探せば、少し色付いている場所は見つけられますが、まだ早いです。(分かっていましたが…)しばらくは、廃線感を味わいながらお散歩です。なお、この道ですが、先程のトンネルの説明板に記載されていたのですが、現在の進行方向に向かって登り坂です。汽車の線路跡ですので、急勾配というわけではありません。秋晴れの中の爽快なお散歩になりました。

実は、先程から困っていることがあります。何処で引き返すかです。1本道ですので、同じ道を引き返すことになるのですが、どこで帰るかが問題です。この先で、紅葉の景色がきれいな場所として紹介されていた「ケヤキの森自然公園」までとして進みます。大丈夫です。もはや紅葉があると思っていません!

この道は、こ高齢の方に人気があるようで、すれ違うのは、80代ぐらいの方が多かったです。2組ほどは若い方が居られましたが…。また、こちらには自動販売機は一切ありませんので、飲み物は必需品です。さらに、熊の注意看板はありませんが、動物がいても不思議ではありませんので、余りの早朝や夕方は止めておきましょう!

踏切です。これも、地元の方が整備されたものとお聞きしています。越えた場所の看板をみると引き返し場所のケヤキの森でした。時刻は10:10です。なお、ここにはトイレがあります。おそらく途中にある唯一のトイレです。その場所に、山に向かうゲートがあります。マレットゴルフのコースです。少し入ってみます!確かにマレットゴルフのコースですが、使われなくなって数年は経っています。道が途中医で無くなっています。すでに結構移動しています。ここは強引に進みます!苦闘すること、このあと5分ほどでしたが、無事廃線跡に復帰出来ました!教訓です!「知らない道には入らない!」バイクの時代では、色々楽しい道を見つけたのですが…。無事、社会復帰を遂げましたが、戻ったところが廃線というのが私らしい気がします!

では、引き返します!帰り道は、下り坂です!引き返し地点まで約1時間の行程でしたが、帰りは約40分でした。なお、廃線跡は、基本的に木々に囲まれていますが、忘れずに、周囲の景色も見回すのを忘れずに!山間からの北アルプスもあります。

以上、篠ノ井線廃線ウオークでした!なお、この後、嫁はケーキに満足していたのは、言うまでもありませんが、3つは食べ過ぎです!ケーキ健康法?そんなものは聞いたことはありません!それにしても、紅葉との再開は何時になるやら…。まったく、紅葉は、ドコヨウ?チャンチャン!

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-令和3年度, 長野県
-, , , , , ,

© 2022 White Wave