本ページにはプロモーションが含まれています。

京都府 令和5年度

2023年紅葉の京都へ ②

    https://white-wave-s.com

    竹林の小径からです。通常であれば天龍寺の北門は解放されていない時刻ですが、出る事だけはできます。

    いきなりですが、大渋滞です。人が多いです。6割以上が外国の方々です。私が小学生の頃はこの道は、寂しい場所で、正直なところ、少し怖さを感じてあまり来ていませんでした。もちろんですが、こちらに来る必要も無かったのですが…。

    こちらの道を東に行けば「野々宮神社」です。昔は、これでけの人が居るのは初詣の日ぐらいでしたが…。ちなみに、今でも初詣の日には多くの参拝者が居ますが、大晦日の夜は嵐山周辺は、誰も居ませんし、店も開いていません!

    さて、野々宮神社に私たちも参拝です。なお、こちらの神社は「縁結びの神様」ですので、御祈りの内容には注意が必要です。

    さらに進み、少し疲れてきたのですが、ここまで来ているので渡月橋を歩いて渡ります。車で通るだけでは、あまりにも愛想が無いです。

    渡月橋までの道は、さすがにこの時間に混み合う事は無いです。でも、あと数時間もすれば、車と人が溢れます。

    嵐電嵐山駅を過ぎれば、渡月橋まではすぐそこです。

    渡月橋です

    8:18渡月橋です。人はまだあ少ないですが、橋の上は天龍寺方面に向かう車が混み始めています。以前は、松枯れ問題があったのですが、見る範囲では落ち着いているようです。

    中の島にわたりと西端に向かいます。私的に好きな角度です。奥に見える山が京都の最高峰、愛宕山です。

    さて、本日ですが、まだ朝食を食べていません!嵐山はこれくらいにして、朝食会場へと向かいます。再度渡月橋を渡り、天龍寺駐車場に戻り、移動開始です。

    参考までにですが、私がお勧めする駐車場ですが、1番は渡月橋の市営嵐山観光駐車場です。場所的には良いのですが、早々に満車になります。次は、京都市立嵯峨小学校西側周辺の小規模駐車場です。嵐山周辺観光に最適で、天龍寺前の道路の混雑を避けることができます。

    高尾パークウエイへ

    天龍寺から北上します。昔懐かしい、「赤マンマ」です。昔、嵐山周辺で夜に開いているお店はここくらいでした。(今もそうかもしれませんが…)釈迦堂を経て、更に北上です。

    こちらも懐かしい場所です。「高尾パークウエイ」です。以前は、休日の暇な時にはよく、昼食を持参して来ていました。今回は、しっかりと朝食と昼食を持参しています。なお、写真はありませんが、入り口の手前の橋の看板に「隠れた紅葉の名所」とありました。なお、残念なお知らせがあります!値上げがされていました。しかも、11月からです。もう少し早く来ていれば…。JAF割引か、事前に高尾パークウエイのHPから割引クーポンを取得して行けば300円引きです。(JAF使用しました)

    高尾パークウエイの紹介です。

    こちらは、名前の通り「高尾」と嵐山の奥にある清滝を結ぶ有料道路です。手作り感あふれる施設です。建物・植物どこを見てもDIY状態です。休憩場所も多く、見晴らしも良いです、特に20時(時期により異なります)まで営業しているので、喧騒から離れた夜景も楽しめます。(少し、遠いですが…)今回訪れて、有料BBQスペースがかなり増えていますが、京都市内在住の方であれば、喜ばれると思います。一部は屋根付き。難点は、一部の速い車が走ることぐらいです。なお、食品販売場所が無いので、事前に購入してシートを広げて楽しむのをお勧めします。今回は、紅葉シーズンですが、桜も時期もお勧めです。さらに、高尾側ゲート横に駐車場があり、階段を降りれば、「神護寺」に行けます。

    高尾パークウエイの紅葉!

    さて、こちらでの紅葉状況です。ベストタイミングです!

    まずは入り口から最初にたどり着く「小倉山展望台」です。紅葉が邪魔をして市内が見渡せません!左奥に見えるのが比叡山ぐらいでしょうか?こちらの名前の通り展望台があります。喫茶店の横に展望台と言うか、デッキのような場所です。周山の山並みが見えますが、赤く紅葉しているのは、ドライブウエイ周辺のみのようです。それにしても、天気予報では晴れでしたが、霞んでいます。

    保津峡展望台

    まだ、早いので空いています。眼下には保津峡が見えます。現在はトロッコ列車が走る駅も見えます。ご丁寧にトロッコ列車の運行時刻表もあります。横に見えるのは、トロッコ列車でゆっくりと走る鉄橋です。

    「孤独のグルメ」ではありませんが、「お腹が減りました」移動です。朝食会場は、決めています。こちらには、ボートに乗れる菖蒲谷池と言う場所があり、そこにはテーブルセットがあるのです。そちらに向かいます。途中には、紅葉の景色が両脇から迎えてくれます。

    到着した菖蒲谷池ですが、テーブルセットが、有料のBBQエリアになっていました。仕方がありません、少し戻って車内で食べることにします。

    「ワン遊ランド」手前にある円形の広場、中央にある桜が目印です。こちらは、あまり人が来ないので、車内でくつろげます。

    では、待望の朝食です。弁当とおにぎりです。本当は、天龍寺で食べようとしていたのですが、庭では飲食禁止だったので…。

    お腹も満たされ、程よく休憩もできました。では、次!

    高尾パークウエイが誇るUSJエリア「観空台遊園地」

    こちらには、超高速レース場や遊園施設があります!

    どうでしょうか?高尾パークウエイのUSJ?本当のUSJにも無い、レース場(ラジコンです!)は、鈴鹿サーキットを彷彿させます。また、遊具の数々は、USJのパレードを凌ぐ感性を感じます。いえ、感じてください!

    残念ですが、フラワーパークは、花が無い時期のようで、閉園でした。でも、こちらで新発見です。「お弁当広場」(看板の上には、サイクルモノレール)があるではないですか!朝食は食べましたが、昼食も持参しています。見学に行きます。こちらは、園地の山側になります。私は職場では秘密兵器とされ、存在を隠されていましたが、こちらのお弁当広場も同じような印象です。見学の結果ですが、使用するのは、今の時期では無いようです。

    さすがに、子供用USJですので、私たちは堪能できません!移動します。

    PR

    村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

      -京都府, 令和5年度
      -, , , , , ,

      © 2024 White Wave