本ページにはプロモーションが含まれています。

平成21年度 温泉

週末に行ける、中国に向かいます!③

    https://white-wave-s.com

    3日目(7月5日)最終日です。でも、また欲が出ます。ここは、ハワイなんですから…

    6:15起床です。(21℃)ここは、日本のハワイです。羽合と書くそうです。逆に書けば「カッパ」です。それはともかく、ここは温泉があります。この時間では、営業していないですが見に行きます。

    東郷池です。どうせであれば、ワイキキ浜と名付けるぐらいの勇気か無謀さを行政か市民が持っていれば…。

    意外です!鳥取県の海岸線の移動は、距離の割に、早く移動できます。目指せ、鳥取砂漠です。(東京砂漠ではありません!)

    7:50鳥取砂丘です。

    思い起こせば、私が車の免許を取って初めて運転してきた場所がここ、鳥取砂丘でした。それから何年の年月が…。それにしても、鳥取砂丘にある「馬の背」ですが、どうして崩れないのでしょうか?あれだけ人が登っているのですが…。相変わらず、歩きにくい砂場を進みます。でっ、馬の背に登頂です。パラグライダーが飛んでいます。嫁が乗りたいそうです。私は、遠慮しておきます。馬の背から見る日本海は、素敵です。

    8:35鳥取砂丘を後にして移動開始です。ここからは、山陰の海岸線を東にひたすら向かいます!山陰の海岸線には、数多くの海水浴場があります。それぞれは、大きくは無いのですが、海の景色が良いです。太平洋側の海水浴場は、広い海と広い砂浜ですが、日本海側は、海水浴場の両側に山があることが多く、比較的砂浜も狭いです。でも、そこが日本の海水浴場感が感じられます。また、漁港が隣にあるので、海の先には漁船が通ります。海岸線は、これらの連続です。そのため、全部見ていくと大変時間がかかります。今回は、控えめに立ち寄りながら進みます。

    9:28餘部鉄橋です。

    さすがは、観光地です。観光バスが多く駐車しています。どうも、餘部鉄橋が100年を迎えているようです。

    100年を迎える時に、解体みたいです。事故もあったことですので、やむを得ないと思います。ここにある餘部駅に行くには、クレーンの後ろ側の小山を登る必要があります。現在の気温は27度です。現在は、解体作業に合わせてこちらにエレベーターの設置をされています。それが完成してから餘部駅に行くことにします。以前には、餘部駅に行ったことがありますが、夏は暑さで、冬は雪で登るのが大変なところでした。早く完成することを祈りながら、移動です。今回は、駅には行かず、エレベーター完成後にお邪魔します!

    10:41城崎温泉です!

    はい。ここでハワイ温泉の雪辱と昼ご飯を予定していました。時間的に、温泉の後に昼ご飯です。では、城崎温泉駅横の駐車場に入庫します。目指すは、隣にある「さとの湯」です。温泉ランドに近い設備ですが、安心感があるので…、えっ、本日休業です。日曜日なんですが…。ここ、郷の湯は、城崎温泉の端です。少し面倒ですが、歩いて他の温泉に向かいます。日曜日ですので、人が多いです。そのため、大きな温泉に向かいます。

    「御所の湯」です。大きくて、設備が良いので決めました。チャプン!約1時間です。城崎温泉の中では「里の湯」の次に大きいです。そのため、多少人が多くても安心です。また、露天があるので長湯が出来ます。

    昼ご飯は、城崎駅近くの「おけしょう鮮魚」2階です。混んでいましたが、無事着席です。このお店の初期利用の頃ですので、注文は、セットの定食系が多かったです。12:31城崎温泉を後にします。→12:45京都府には入ります。

    13:44高嶋オートキャンプ場(26℃)の様子を確認するため、立ち寄ります。すでに海では海水浴の方々がチラホラです。今回は、下見だけですが、駐車料金の徴収に来られましたので、引揚げました。

    14:54天橋立ICです。なお、今回のタイトル「週末に行ける、中国~」ですが、週末だけでは、移動時間がかなりの時間を占めてしまいます。無論最初から分かっては、いたのですが…。なお、かえりの京都縦貫もこの頃は全線開通して居らず、数珠つなぎ利用です。→15:18和知IC→14:43京都縦貫16:04

    16:53帰宅です。(31℃)以前にも、ぼやいていましたが、城崎温泉の効用もすでにありません!帰宅時に残っているのは疲労感です。唯一の救いは、帰宅時間が早く疲労回復に努めることが出来ます。

    しかし、週末だけでも、その気になれば中国に行くことが出来ます!

    PR

    村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

      -平成21年度, 温泉
      -, , , , , , ,

      © 2024 White Wave