平成18年度以前 温泉

世界を股に掛ける橋 明石海峡大橋 ①

https://white-wave-s.com

気軽に行ける海外旅行が必要とされる現在!身近ですよ!

勇気を出して、踏み出せば、気軽に行ける海外です。しかも、以外と近くにあるものです。そうです!日本でありながら、アラスカのように帰属先が変更された他でもありません、淡路島です。

ホテル泊です。(平成17年1月9日 日曜日) セダンでは車中泊は出来ません!

そのため、ホテル泊の予定です。8:00出発です。でも、この車での移動が一番快適だったのは、間違いありません。朝起きてから出発して、橋を渡り行ける海外旅行です。淡路島です。残念ながら、この車には、ETCを付けていません。使用しているのは、ハイウェイカードです。5万円分を購入すれば、もれなく8千円付いてきます。そのため、使用できる金額は5万8千円です。今から考えても、お得感があります。使用方法は、ICで、出口にで係員お方に渡すと使用できます。ほぼテレホンカードと同じです。ハイウェイカードは現在では廃止されているのですが、まだ手元に残っているのがあります。今では、ETCですが、この当時は、淡路島に行くには、それこそ料金所ストップを3度ほどしないと、淡路島にたどり着けませんでした。それはさておき、本題に復帰です。

本日の目的地は「オノコロランド」です。こちらで本当に海外旅行”気分”です。10:10オノコロランドに到着です。どうも開園時間を間違っていたみたいでした。土日祝日は9:30からの開業です。少しで遅れましたが、早速ですが、園内を見て回ります。こちらは、駐車場が無料です。最近では、珍しい気がします。入場料と乗り物が別料金です。私達は、入場券だけを購入です。乗りたいものがあれば、個別購入するようにしています。園内を移動すること、15分ほどでしょうか、今回の目的地です。

スペインのセゴビア城です。続いては、おフランスのノートルダム寺院です。スペインからフランスまで数歩で移動出来ます。こちらには、「ミニチュアワールド」と言う、世界各地にある有名な建設物のミニチュアが展示されています。大体の大きさは、大人の身長ぐらいです。さらに、万里の長城からのスイスの「ジョン城」になります。湖の感じが、少し残念ですが、建物自体はかなりの完成度になります。友人に先程の「万里の長城」の写メールを送ると、中国に居るのを信じてくれました!他には、私が産湯を使ったバッキンガム宮殿に、イランの「マスジット・イ・シャー」です。これで、ほぼ世界一周出来ました!

建築物意外にも、石像です。リアル系から、「千と千尋の…」にご出演されていた方まで幅広く展示されています。

あっ、嫁が実家を主張しているお城です。「ノイシュバンシュタイン城」です。「何言ってんだ、しばいたろか城」では、ありません!

なお、こちらが自宅での私の立場を表しているお寺さんになります。「聖バシリー寺院」です。嫁のパシリのもので…。

なお、こちらのオノコロランドは、海上に浮かぶ島になっています。そのため、園内からは、海が堪能出来ます。今では、余り乗れなくなっている観覧車からも見れます。高いところからは、遠くを見るのが、目をつぶっている以外の選択肢です。

今回こちらで、乗車したのは観覧車のみでしたが、園内で移動距離をこなしてしまいました。お腹が空きました!移動します。

洲本市です。こちらに「淡路ごちそう館」があります。外観は、レンガ倉庫です。昼間よりは、夜の方が良い雰囲気です。しかし、今は、雰囲気よりもお腹を満たす方を優先します。少し混み合っていますが、こちらで、いただきます。(こちらを利用していたのは、この頃までです。)2人で、3,500円オーバーです。現在利用するには価格帯が高いですが、淡路島は、「御食つ国」です。昔から京都人としてはお世話になっているので…。

今回の淡路島のコースも、毎回ほぼ同じになるのですが、海岸線コースです。それでは、元気よく南下します。洲本市内の温泉街を通り抜けます。

「生石鼻灯台」に到着です。淡路島の右下です!穏やかな海、穏やかな天候、ザ・淡路島です。灯台の方は、灯台と言うよりもトーチのような感じを受けます。本当に明るいのか、夜にみたい感じがしますが、周囲は、とても寂しい場所です。きっと明るいことだと思います!

さらに、南下します。かなり狭い曲がるくねった山道を進みます。途中には、限りなく興味は惹かれるのですが、何故か入る気にはならない「謎のパラダイス」を今回も通過します。

14:57「黒灘水仙郷」です。こちらは、以前元旦の日に来て以来になりますが、立ち寄ります。この時期に、こちらの水仙が満開になっています!水仙は、とてもきれいですが、こちらの難点は、園内の場所です。こちらの黒灘水仙郷は、結構な山と谷の場所に水仙がびっしりと咲いています。水仙を上下左右から見ることが出来るのですが、私達が上下左右に移動する必要があります。もちろん、南側には、海が広がっています!念のためお伝えしますが、風を避ける物が無く、寒いです。しかし、歩いていると暑いです!さすがに、これだけの水仙が咲いていると、私の鼻にも、水仙の匂いがするような感じがします。

さて、時間は少し早いのですが、本日の宿泊先に移動です。また、海岸線を移動します。海の先には「沼島」が見えています。いつか行きたいところです。念のため、乗船場を見学しておきます。

本日のお宿です「淡路島海上ホテル」です。こちらは、福良港に面した名前の通り海の上にあるようなホテルです。私的には疑問なのですが、何故か全室和室を前面に出されています。今回も素泊まりですので、チェックイン後に少し買い出しに出ておきます。福良港にある「うずしおクルーズ乗船場」です。残念ながらこの頃には、出店が駐車場に並ぶ程度の状態でしたが、匂いをまき散らす海鮮焼きが魅力的だったので、コンビニ弁当の他にしっかりと購入しておきました。

宿に戻り、温泉です!こちらのホテルの温泉は、当然ですが、海に向かって設置されています。良く海が見える温泉です。とても良い見晴らしなのですが、海側からもこちらがよく見えていそうです。可愛いポッチャリ体型ですので、ご覧いただく分には支障はありませんが…。それにしても、ホテルの和室は久しぶりです。飲んで寝るのは、和室は良い物です!おやすみなさい!!本日は、世界一周旅行のため疲れてしまい、早めの就寝でした!

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-平成18年度以前, 温泉
-, , ,

© 2022 White Wave