京都府 平成19年度 温泉

京都の鬼門 延暦寺! 

https://white-wave-s.com

京都市の北東の山にあるのが、延暦寺です

京都の都の鬼門に当たる場所に、建てられているのが延暦寺になります。世界遺産登録時に話題になりましたが、所在地は滋賀県です。もちろん、眼下には琵琶湖です。

日帰りです。(平成19年10月28日) 京都市内から琵琶湖を目指します

11:00自宅を出発です。目的地は、未定です。とりあえず京都市内に向かいます。少し混み合う24号線を北上しています。

ナビの無い時代から、京都市内に向かう時には、愛用していた「師団街道」に入り、さらに北上を続けます。ちなみに、この道の途中に「伏見稲荷大社」があります。この頃に、本日の目的地を決定です。琵琶湖を目指します!

京都市内に入り、東大路通の八坂神社前を更に北上します。途中からは、京都ラーメンのお店が多い白川通を更に北上です。宇治からであれば、琵琶湖までは近いのですが、すでに京都市内入っていたので、琵琶湖へのコースは2つです。1つは、大原経由、もう一つは延暦寺経由です。

最初は、琵琶湖を目指しましたが、延暦寺に変更し、延暦寺を目指します。

ちなみに、大原経由は京都マラソンで有名な白川通りの陸橋の手前を右折します。そこからは当分の間、山道です。こちらの通りにあるのが、私達の年代には八瀬遊園があった、八瀬を抜けて、大原三千院です。最終的には、途中トンネル(当時当時は有料のため手前で、無料の抜け道を使用していました)

本日は、延暦寺を目指すため、京都大学の近くを右折して山道です。基本的に、京都から滋賀に行く場合は、全て山道の曲がりくねった細い道を通ります。(1号線と高速を除く)なお、恐らくですが、この道は2輪の通行制限があります。昔ですが、速い車やバイクが多かったので…。

13:25琵琶湖ドライブウエイ到着です。本日は、なぜか自宅を出る時に、コンビニに寄り、すでにお弁当を購入済みです。そのため、昼食会場も確保する必要があります。

こちらのドライブウエイの「夢見が丘」で昼食です。滋賀県に来て、昼食を食べるのですので、おかずは、「琵琶湖」になります。

13:45ガーデンミュージアム比叡です。昔は、関西で1番怖い言われていた幽霊者屋敷があった場所にあります。屋外のお花畑の中に絵画も展示されています。なお、展示されている絵画は、屋外展示用のもののようです。

モネ以外は、分かりませんでしたが、展示されている絵画のイメージに合わせた庭園のようです。もう少しで、こちらに来た目的を忘れるところでした。

と言うことで、延暦寺を巡ります。延暦寺は大きく3つに別れています。「東塔」、「西塔」と「横川」です。これらを順に回ります。距離があり、それぞれのお寺さんを見ていくと、しっかりと時間がかかります。罰当たりな私達は、それを駆け足で見ていきます。ちなみに、延暦寺の行の中に「千日回峰行」と言うものがあります。私的には、トレイルランニングの元祖だと理解しています。そのため、駆け足で回っても御利益をいただけるかと…。

こちらの延暦寺のドライブウェイの距離は長いです。しかも、その途中にお寺さんが点在です。それに、駐車場から徒歩移動です。なお、こちらの延暦寺は比叡山の山頂のため、移動の道は坂道です。

車を使用した、お寺巡りでも、修行のような感じがします。そろそろお暇させていただきます。最期は、もう一度琵琶湖を山頂から眺めます。なお、道沿いには小さな秋です。

延暦寺巡りを仰木料金所(大津市)から還俗します。ここからは、更に北上します。目指すは、小浜の「食文化館」です。分かりにくい名前ですが、メインは2階の小浜の食文化の展示や体験スペースだと思いますが、ほとんどの利用者は、そこに併設されている温泉利用がメインです。私達は、すでに心は清めましたので、体の方を清めさせて頂きます。チャプン!約1時間とちょっとの入浴でした。なお、私的には、こちらの露天に吹く、潮風がお気に入りです。さらに冬は極寒の北風を体験することが可能です。

このまま夕食です。食文化館にも食事スペースがあるのですが、メニューが居酒屋です。飲みたくなるので、こちらは辞退して、お向かいの「濱の四季」です。こちらは、地元のお母さんの料理をコンセプトにされています。田舎料理+日本料理でしょうか?

ソロソロ帰宅時間です。ついでですが、こちらの小浜は、星空がきれいです。そのため、昔は、バイクで来て、星空を見てから帰っていました。そして、帰宅が遅いことにいつも疑問感じていたお馬鹿な私です。余り進化の痕が無いまま時が過ぎています。

帰り道は、周山街道です。京都の嵐山まで約100KMです。山道です。曲がりくねった道です。(現在では、かなり改善されています)

20:33こちらの道の途中には、私達の応援だが帰宅をいつも応援してくれています!なお、傘を持っていた時もありました。また、こちらには白鳥ペダルボートなどもあった時が有り、興味津々でしたが、あいにく私達が通り時は、朝早いか夜遅いかで店に立ち寄った事がありません。

22:30帰り際に、「大黒ラーメン」に寄り道です。小浜で晩ご飯を食べたのですが、いつも京都市内に戻ると、不思議なことにお腹が減っていますので…。また、不思議なことは温泉に入っているのですが、帰宅時には、それよりも疲れの方が上回ります。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-京都府, 平成19年度, 温泉
-, , , , , , , ,

© 2022 White Wave