令和4年度 長野県

令和4年 紅葉 乗鞍高原トレイルコース ②

https://white-wave-s.com

ここからの再開です。

明るく開けた場所は、「わらび平」でしょうか?私が疑問形で紹介するのも変なのですが、現在地の表記が無いので、現在地の確証がありません。先程の、案内看板から推測しています。

山道を抜けた先に、急に現れたこちらは、草原です。草むら?案内看板は、ススキに囲まれています。そして振り返れば、乗鞍岳です。さすがに、見通しが良いので、案内看板も見つけやすいです。

んっ?乗鞍岳に光物を発見です。よく見れば、乗鞍山頂にある天文台です。この場所から見えることに、初めて知りました。(他の場所からも見えているかも知れません…)

ちなみに、案内看板にあった「オソメジッケ」ですが、なんとも興味を惹かれるネーミングです。寄り道したのですが、該当場所が見当たりません。こちらの残念な所は、現在地表記が無い所です。あえなく、引き返しています。

なお、道端にですが、恐ろしい物を発見しています!ウンコです。それだけでも、恐ろしいのですが、サイズ的に”熊”?ぽいです。人の可能性もありますが、道のど真ん中ですので、それであれば、別の意味で恐ろしいです。

オソメ池です

意味があるのでしょうが?どうも聞き慣れないネーミングの場所が続きます。「オソメ池」へ向かいます。

乗鞍岳を振り返りながら見て、進みます。この辺りは、車両が通っている草道です。先程の草原が終わる頃に、草に覆われている12:02「オソメ池」です。綺麗に、池の水面に対岸の木々が映り込んでいます。この分では、反対側に行けば、乗鞍岳が写っているかもと思い、道を探しましたが、ありません。その代りに、池の奥に、さらに小さめの池を発見です。オソメ池は2つあるのでしょうか?それとも繋がっているのか?道が無いので、確認できません。

大カエデです

乗鞍高原トレイルコースを利用してここまで来ていますが、ここから先は、何度も来ているコースです。「大カエデ」への道のりです。大カエデへの道は、ススキの小道です。両側には、ススキが茂っています。

ここは、もう大カエデの近くなのですが、人は余り来ていないようで、ススキが綺麗に伸びています。曽爾高原では、人の足で踏まれ、生育不良でしたが、こちらは背も高く生育しています。

さて、「大カエデ」です。紅葉しきっていないです。木の上部が変色している程度です。いつもの白いベンチで休憩です。なお、ここからも天文台が見えていました。(丸い大きな木が大カエデです)

どじょう池です

トレイルコースですので、それに従うと「どじょう池」になります。素直に、向かいます。

「どじょう池」の水面は、草に覆われているので、水がハッキリとは見えていません。でも、その草が紅葉しているように見えます。

ツツジ園を通過です

春先には、ツツジが咲き誇る「ツツジ園」ですが、今は若干ですが「ススキ園」です。こちらが「大カエデ」への最寄りの駐車場になります。大型車の廻転場所としても使用されるため駐車場所には気を付けましょう!なお、こちらに簡易トイレ(男女別)があります。(綺麗です)さて、ここから次の「まいめの池」までがトレイルコースです。ツツジ園の中を進み、草むらの中を進みます。(自転車と併用部です)

まいめの池です

坂を下るとまいめの池になります。「座望庵駐車場」の近くです。本日は、晴天と無風です。おかげで水面に乗鞍岳です。”ススキ”バージョンと紅葉バージョンです。(この景色を求めて、来場者多めです。本日は2名でしたが…)こちらにも白いベンチがあるので、仕方がありません!コーヒー休憩です。なお、こちらは奥の方が紅葉が進んでいました。

いつもの座望庵

いつもの食事会場の座望庵駐車場へと向かいます。車道の反対側には、食事が出来るネイチャードームが見えています。そして、車道を大カエデ方面に見ると、本日1番の紅葉の場所です。(ここが1番でした)

座望庵駐車場の抜けて、座望庵前を左に向かいます。確かに私達が、ここでご飯を食べているとこの道を行く人が多いのが気になっていました。トレイルコースでした。ということで、一ノ瀬内を横切ります。この辺りも草原ですので、食事会場として活用できる場所です。

対岸の散策路に出ます。(アザミ池の道です)駐車場方向に進みます。

一ノ瀬園地駐車場です

12:40一ノ瀬園地駐車場です。正直な感想ですが、車をここに駐めておけば良かったです。初めての方には、「オルガン橋」は見てもらいたいのですが、私達は何度も見ています。正直な感応です。ここからのスタート&ゴールがベストに思います。

一ノ瀬園地駐車場の出入り口辺りにある、山に続くトレイルコースなのですが、コース変更です。これ以上は、同じ道になるので、自転車・歩行者道路を使用して乗鞍観光駐車場へと向かいます。そのため、車道で一ノ瀬園地駐車場を出ます。そこからは、自転車・歩行者道路です。

自転車・歩行者道路です。

もちろんですが、この道を自転車では使用したことはあるのですが、歩いては初めてになります。

こちらは、完全2車線です。所々に休憩所が設けられています。歩いても安心です。利用者は少なめです!紅葉と乗鞍を見ながら進みます。残念な所は、車道の横だと言うぐらいです。車道との交差はトンネルです。そのため、小さい子供さんでも安心です。

13:05乗鞍観光駐車場が見えてきました。最期のひと頑張りです。

ゴールです

乗鞍観光駐車場の少し手前から、GGMの「負けないで」が聞こえていました。13:15ゴールです。終わったと言うよりも、お腹がすいたです。移動です!

せっかく、戻ってきたのですが、車で座望庵駐車場です。

乗鞍岳にはカップ麺が似合います。紅葉も似合うのですが…。はやり、カップ麺です。結局ここで、いつものように頂きました。食後には、一ノ瀬園地内にテントが張られています。先程までは無かったのですが、今度の連休中にでもイベントが開催されるのでしょうか?気になりながらも、このままコーヒー休憩です。

ちなみに、座望庵駐車場にシェア自転車が設置されています。残念ながらt調整中で使用できませんが、早い再開を望みます。私達は持ち込みますが…。

以上、乗鞍高原トレイルコースでした。やっぱりですが、車は一ノ線園地の駐車場がお勧めです。それと、熊鈴だけは忘れずに!それと、念の為ですがお弁当は一ノ瀬園地の駐車場周辺の方が、安心です。熊が弁当に誘われ、私達が食べられたら悲しいですので。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-令和4年度, 長野県
-, , , , , , ,

© 2022 White Wave