平成18年度以前 温泉

浦島太郎!ホテル浦島からの白浜!夏の南紀!②

https://white-wave-s.com

2日目(8月21日)あ~夏休み!🎵と言いつつも、休めない…

よく見ると、ホテル浦島は、島かと思いきや、半島に建っています。それはともかく、朝から温泉巡りです。温泉宿に宿泊するとどうも朝に夕に入浴して、普段よりも疲れてしまう、貧乏人の本領を食事以外でも発揮してしまいます。なお、朝食も全力で立ち向かいました!これで、悔いも体力も残っていません!朝の5時くらいから館内を歩き回ってたので…。

9:30チェックアウトです。車のある港の駐車場まで昨日の送迎船に乗り向かいます。

では、本日も移動開始です!このまま、白浜に向かいます!なお、本日の宿泊もホテルになります。この頃の私達は、年末年始と夏、その他で白浜利用がマイブームでしたので、年に6回程度来ている時期になります。現在では無くなっていますが、白浜の温泉ホテルで湯巡りが可能(該当ホテルに宿泊すれば、購入が可能)でした。そのことが、利用することが多かった理由かも知れません。おかげで、白浜のホテルの温泉は、8割方利用しています。

話を戻し、本日1カ所目の寄り道です。10:40橋杭岩に到着です。こちらは近畿の最南端の潮岬の少し手前になります。干潮時には、岩の間にまで近寄れます。すでにこちらも、紹介済みですが、橋杭岩海岸に降りるには、お土産屋さんの小屋の中を抜ける必要がある、恐ろしい関所がある観光地です。なお、岩の先に見えている島が、紀伊大島になります。この紀伊大島には、この先に進みループ橋を渡れば、簡単にいくことが出来ます。なお、この時分から、こちらで車中泊が可能かどうかを既に考えながら移動するようにしていました。そのため、この場所も何度か利用させていただいています!なお、こちらの観光は、干潮時がお勧めです。(当たり前ですが…)もっとも、ここだけを目的に来ることは無いと思うので、実際にはピンポイントで干潮時を目指すのは難しいと思いますが、日没と日の出もおすすめです。ついでですが、この場所から西に進めば24時間営業の「オークワ」があります!夕方には、弁当類は無くなっていますので、反対車線のコンビニか王将(最近出来たのか?)がお勧めです。橋杭岩の正面にも飲食店がありますが、夜間は閉まっています。この時から、こんな事を考えて、翌年にノアに乗り換えることになります。

橋杭岩観光と言うよりも、車中泊の下見のような時を過ごし、移動します!

11時串本海中公園です。今回は、宿泊先が確保されていますので、時間があるので、立ち寄りました!こちらの概略です。こちらの施設は、水族館と海中観光船、海中展望台などが有り、海の生き物を色んな角度でみることが出来る施設になります。折角ですので、水族館から見ていきます!昨日から食べている魚たちです。すでに、美味しそうにしか見えていません。なお、こちらの水族館の展示スペースは広くはありません。そのため、水族館を楽しむと言うより、こちらは魚達の中に入って遊ばせていただく気持ちが大切です!

では、引き続き海中観光船へ向かいます!舟には今日の朝も乗りましたが、こちらの舟は船底がガラスで海中を、見ることが出来ます!本日2回目の浦島体験です。昔話同様に、自宅に帰れば、一気に老けそうな勢いで遊んでいます…。海の中では、小さめの魚が私達同様に遊んでいるように見えます。魚たちも私同様に可愛いです!

次は、海中展望台です。こちらは、水族館の裏手の海の磯の先にあり、堤防のテトラポットの上の橋を渡り向かいます。展望台の周りに餌をまかれているのか、魚が集まっています!階段から展望台に入ります!名前は展望台ですが、イメージは海中の灯台です。遠景の形状ですので、そちらの方が、しっくりときます。建物の窓から外の様子を見ることが出来ます。本日3回目の浦島体験です。

と言うことで、串本海中公園でしたが、現在の入場料は、上記の3つで大人料金が2,600円です。なお、こちらは再来園割引制度が有り、再来園ごとに10%引きで6回目以降は無料になる制度があります。しかし、これとは別に年間パスポートも販売されています。迷いどころですが、私達は、何度も来る予定が無いので、面倒なのでどちらがお得かは考えていません!お近くに居住されている方のみ、検討して下さい。

さて、白浜に向かいます!困りました!昼の時間を過ぎていますが、食べる場所がありません!今更贅沢な悩みなのですが、海鮮系は少し飽きてきています。探せば、見つからないコンビニです!無性にコンビニ弁当が食べたいのですが…。白浜までは基本的に海岸線道路なので、食べる場所には困らないのですが…。

結局ですが、道の駅です。若干失礼さを感じなくも無い、名前の道の駅で、さらに失礼なヌイグルミがありますが、食べれれるので我慢です。道の駅イノブータンです。時間がずれているので、待たずに食べれます!

こちらでは、ほぼご飯を食べただけになります。気を取り直して、白浜です!

白浜町に入りました!三段壁、千畳敷を軽く覗いてから、チェックインです。本日のお宿は「白浜御苑」です。現在は、愉快リゾート白浜御苑となっています。既に本日は朝風呂利用済みでが、とりあえず温泉です。チェックイン後ぐらいが比較的空いているので優先させました。こちらの温泉は、屋内浴槽から露天が見え、露天は、裏山の岩肌を見ながら入浴することになります。入浴後、部屋で休憩し、お出かけです。

入浴後は円月島に向かいます。夕焼けの円月島です。本日は、素泊まりです。夕食と明日の朝食を確保して宿に戻ります。早めの晩ご飯と温泉を利用して、夜のお出かけの体力を温存しておきます。

20時です。満を持して、白良浜に向かいます。白良浜では、8月の定例の花火大会以外にも、観光用の花火の打ち上げがあるので楽しめます。なお、残念な事に白浜の花火大会の日程が毎年宇治の花火大会と重なっているので、毎年悩まされています!

本日は、砂浜で打ち上げ花火を待つ間に、手持ち花火です!からの打ち上げ花火になります!そして、ここからの宿に戻り温泉です。忙しいです。

なお、「白浜御苑」の場所は、白良浜から少し離れているので、車での移動になるため、宿に戻るまでは禁酒です。これで無事、禁酒生活から解放されます!これからの温泉は、ひと味違います!こうして、夜遅くまでの楽しい一時が過ぎていきます!おやすみなさい!!

3日目(8月22日)カレンダーで見ると4連休ですが、日曜日からなんです!

別に良いのですが、一応ここで伝えなければ、誤解をする人が居られるかと思いましたので、自宅を出てのは、日曜日です。嫁が土曜日仕事のためこうなりました。ですので、3連休です!私は土曜日も休みでしたが、今回の準備をしていたので、あくまでも3連休です!

あいかわらず、休日に疲れる私の休日の朝が始まりました!朝風呂です。朝風呂帰りからの朝食で、また温泉に向かいます!

8:40ホテルをチェックアウトです。行き先は白良浜です。今回2度目の海水浴です。こちらの白良浜の海水浴場には良い点が多々あります。まず、利用者層が若いです!うふ!

改めますが、こちらの砂浜は、真っ白です。海もきれいなので、本当に天気が良い日には、海を見ているだけでも過ごせます。また、海岸の裏は道1本挟み、宿泊のホテルが林立しています。近いホテルであれば歩いて移動が可能です。なお、花火大会の日には、近くのホテルを強くお勧めします。以前の事になりますが、花火大会の当日に少し離れたホテルが安いので、宿泊したのですが、当日は近くの駐車場が閉鎖され、タクシー利用です。往路はともかく、ホテルの帰りのタクシーは2時待ちで料金はほぼ1万円でした。悲しすぎる思い出です。

話を戻します!白良浜です。チェックアウトの時間が少し早めにしたのも、駐車場の確保のためです。無事駐車場に駐車して白良浜です。嫁と初めて来たのもこちらになります。当時は海水浴に手ぶら出来て、こちらの海岸でパラソルと浮き輪もレンタルしていましたが、すでに数年を経てレンタルする必要は全くない状態です。全て持参しています!もっとも、帰ってからの片付けの手間は、倍増していますが…。それにしても、この当時は、防水カメラでは無いので、海水浴時には写真がありません!

約3時間の海水浴です。昼過ぎには、砂浜を撤収します。白良浜の砂浜には夏季の期間は、温泉となる「しらすな温泉」です。砂浜の後ろに行くこと5歩程度の場所になります。利用料も安いので、ほぼ海水浴後のシャワー代わりに使えます。しかし、日除けが無いので、暑いです!目の前には白浜の海が広がっているので、見晴らしは文句なしです!

さて、昼食です!こちらは、自宅を出る前から決めていました!昼時の混雑が少し残る時間でしたが、それでもピーク時を考えると、快適な状態です。一番奥にある、イートインスペースに向かいます。昨日の海鮮系回避から一転、海から離れるとなれば、食べたくなるのが人情です。食いしん坊で無く、人情です!

ごちそうさまでした!これで、思い残すこと無く海鮮と1週間は、会わずに過ごせます!嫁が、滅多に焼かない魚を購入しています。嫁のお母様へのお土産だそうです。そこから完成品を頂くそうです。”わらしべ長者”だそうです。当分、嫁のお母様とは、顔を合わせないようにしておきます。

さて、少し早いのですが、帰宅します!この当時は、帰りの阪和道が1車線で、混み合うことが多く、渋滞で帰るのは、かなりの苦痛です。しかも夏休みの最期を渋滞で費やしたくありません!(高速のICももっと遠かった気がします)

16:36帰宅です!帰ったら海水浴の後片付けと思っていましたが、体力が…、いえ、やる気が無く、週末に持ち越しです!プシュー!夏のお出かけは疲れます。

PR

-平成18年度以前, 温泉
-, , ,

© 2022 White Wave