令和3年度 長野県

あずみの公園で雪の日曜日を過ごす

https://white-wave-s.com

雪が降りました、今回は少しまとまった量です

そのため、金曜日からワクワクしていました。私にとって意外なことがあります。松本市と安曇野市の市街地は雪が少ないです。そう感じます。京都在住時には、松本も安曇野も長野県のイメージでした。しかし、それは無理な理解でした。普通に考えても、京都府であっても、北部の舞鶴市と宇治市を比較すれば、分かることでしたが…。

ここからは、私の想像ですが、どうも北アルプスが雪をせき止めているようです。岐阜県や富山県には雪が降っていても、長野市に降っていても、こちらは雪が降りません!絶対に北アルプスが雪をせき止めている気がします。しかし、寒さだけは、北アルプスを通過してきます。そのため、とうとう先日は洗面所の蛇口付近が凍結して水が出ませんでした。ちなみに、この周辺の家は、凍結防止用の電熱線が標準装備です。家の外壁にコンセントが有り、そこから冬期はフル稼働しています。また、最近では給湯器が凍結のため故障する事が多発しているそうですが、私達は3年前に経験済みで、交換済みです。その時以来、お風呂の浴槽の水は翌日の浴槽を洗う直前以外は排水しません。ちなみに、家の外には、水道管の配管保護のための強制排水バルブがありますが、イマイチ使い方が分かりません、私の理解では、水道管のバルブの閉鎖時に使用することから長期不在時ようかと思うのですが…。

それはともかく、日曜日です。せっかくの雪です。公園で雪遊びです

しかし、お行儀良く、雪遊びの前に散策をします。積雪時の景色は、水墨画です。白と黒の世界ですが、濃淡が有り、「幽玄」の世界感でしょうか?

と言う訳で、公園入場です。職員さんが雪かきでお出迎えです。

あずみの公園のメインの展望台から段々花畑を上ります。先月まで実施されていたイルミネーション会場の池の上も一面の雪化粧です。もう少し、いえ、小さければ池の上に足を踏み入れたくなる誘惑たっぷりの池の上です。(深い場所あります)

歩道を見上げると木に穴が開いています。嫁の希望は、リスなのですが、それほど都合良く出てきてくれません!なお、当然ですが、段々花畑は、段々雪畑です!

この段々花畑は、少し登り坂の道です。この雪道を求めて、ここに来ています。この道にも、休憩スペースがあるのですが、一足先に雪が休憩しています。しかも、どっさりと…。そして、雪の階段です。段差には、雪がぁ~!雪は好きなのですが、階段は困りものです。空には、雪雲の色です。写真では分かりませんが、粉雪が降っています。木の隙間から降る雪を見上げる景色が、雪には、1番似合う気がします。木々を抜ければ、小川です。雪の中を静かに流れています。風情は、下鴨神社の御手洗川越えです。

ここまでは、公園の奥座敷でしたが、メイン会場に向かいます!展望台から先程見えていた、場所方向です!この辺は、開けているので、太陽はありませんが、気温が上がるみたいで、ベンチや台の上の雪の量が、先程より少なめです。これから来る子供達のために、雪はそのまま置いておきます。振り返れば、展望台があります。しかし、いつもは見えている常念岳は、雪雲のためお休みです。

先日、フライング気味だった「福寿草」の確認です。やはり、フライングでした。しっかりと花の上に雪が積もっています。嫁が「天ぷらに、できるかも…」つぶやいています。”鬼嫁!”可憐な花を見て、そのようなこと…。思わず心の声が、漏れそうになりました。危ないところです。もう少しで、私も天ぷらにされるところでした。

先程までは、雪の林散歩でしたが、この辺は見通しが良いので、北海道チックな景色です。むろん、本場の雄大さはありませんが…。木の下には、猿除けのネットには、雪がこびりついています。ネットの下のチューリップにとっては、丁度良い雪布団です。春に向けて、絶賛開花準備中です。

半日お邪魔しているのは、あずみの公園穂高ですが、こちらでもソリ会場があります。降雪時以外の時は、単なる小山ですが、降雪時には、ソリ会場になります。しかも、小山の上には、ソリが無人で貸し出し中です。そして、周囲には人はいません!どうも、マーカーの間を滑り降りるようにするようです。私達の前には、誰も滑っていない坂です。安心して下さい、松本人志さんもいません!

…、

…。

園内には、大きな川も流れており、それに架かる橋も大きくなります。ここからの方が、先程のソリの小山が分かりやすいです。川の方は、昔は暴れ川だったらしく、川の流れの中には大きな岩が沢山有ります。その岩の上に、雪がちょこんと載っています。まさしく、水墨画です。

冬期閉鎖中のBBQスペースを抜け、春先の楽しみの「大きな桜」です。今は、つぼみこそありますが、樹氷状態です。

最期は、地下道を抜けると、冬期閉鎖中のアスレチックスペースがある場所です。雲が無ければ、常念岳がここらも見え、春先であれば、花と常念岳になるのですが、どちらも今は雪と雲の下です。頑張れ!太陽!

今は、冬。太陽も少し、雪に合わせて、控えめです。でも、雪好きの私ですので、当分は太陽にも休養して頂きたい!

ちなみに、今回も足下は、長靴です!降雪時の最高の靴です。足先が冷えるのが、玉に瑕ですが…。あっ、そろそろ昼ご飯の準備の時間です。帰ります!雪も好きですが、雪より団子です!

PS 長野県でも畑の中に草を巻いた”牛さんの餌”があるのですが、北海道で見た、同様の物と大きさが半分以下です。最近になって気がつきました。作業をしているのを見ていると、どうも農機具の大きさが小さいような気がして、気がつきました。北海道は、雄大さを、長野県には、山並みを楽しみます。(本日の内容では、感じようがないのですが…)

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-令和3年度, , 長野県
-, , , , , , ,

© 2022 White Wave