四国 平成18年度以前 温泉

しまなみ海道を渡る!②

https://white-wave-s.com

3日目(3月18日 日曜日) 2泊では足りませんが、初日は移動だけですので…

6:05起床です。本日の宿泊ホテルの最大の売りです!目の前に太平洋です。東の空からは日の出です。寒いですが、見届けます。水平線の雲が気になります。ホテルの前の海岸は、砂浜が狭いですが、朝の散歩程度であれば充分です。

砂浜です。結果、降りてきました。文字通り、朝飯前の散歩です。別に朝風呂からの日の出でも良かったのですが、一応砂浜から鑑賞です。

部屋に戻る前に、朝風呂です。その後は、部屋に戻り持参した弁当を頂きます。その後は、再度朝風呂です!出発準備をして、9:25ホテルを出ます。なお、ホテルの窓の外には、小さな張る子があるので、夏はここでプシュー!が最高かと思いますが、何故かここには、夏に来たことがありません。左右には、宍喰の町並みです。今回は、素泊まりで21,000円でした。少し高めです。大浴場は入れ替え制ですが、私達が利用する時は、いつも男湯がミストサウナで翌日入れ替えです。私的には、これの方が男性には良い取り合わせです。ついでの資料で、昨日の分です。

ここからは、相変わらずのコースです!南阿波サンラインを目指して移動します。

10:30サンライン入り口の手前にある「古牟岐堤防」です。エンゼルロード!

沖島神社のある島が見えます。そこに続く、徳島県のエンゼルロードです。

こちらのサンラインには、4カ所の展望台があります。ここからは、いつもの展望台巡りです。

途中にある海水浴場です。「明丸海岸」です。ひっそり感がある砂浜があります。夏には楽しそうですが、海の家が無さそうです。奥にある宿泊施設が使えれば問題無さそうですが…。あっ、駐車場が無い!

次は、千羽海岸(第1展望台)からの外牟井の浜です。特に外牟井の浜にあったであろう、山頂と駐車場の施設(木の裏が乗り場)ロープウェイはいつも気になります。

14:52「四方見展望台」です。

この頃は、四国の良さげな場所を探していた頃のため、微妙にウロついています。徳島市内を通り抜けて、徳島県最北端です。鳴門海峡大橋を見下ろして観賞できます。下道で愛媛方面から徳島を経由して海岸線移動時には、こちらに寄ることが多いです。天気が良ければ、広がる景色がきれいです。

先程の展望台から見た鳴門海峡大橋ですが、帰り道の途中には、更に見ることが出来る場所があります。「渦の道」です。この流れのまま見学に向かいます。

15:12渦の道です。

こちらは、鳴門海峡大橋の車道の下にある歩いて見学できる施設になります。

当然ですが、こちらから周囲も見渡せ、しかも鳴門海峡大橋の車道の上にかかる横断歩道では、真上からの見学可能です。私的には、この場所がお気に入りです。16:10移動開始です。短い時間でしたが、本日が最終日ですので、いつもの通りです。

先程見下ろしていた、鳴門海峡大橋を渡ります。短いようで長い距離がある淡路島を縦断中です。帰りの渋滞の心配をしているタイミングで、嫁が思い出します。”淡路の玉ねぎ!”です。

津名一宮ICを降り、淡路の玉ねぎ探しです。幹線道路を通り探しますが、こうゆう時に限り見当たりません!海岸線を北上しながら探します。17:00道沿いの玉ねぎ屋さんを発見し、無事購入です!これで安心して帰路につけます。

最近話題になった、淡路島平和観音寺です。海岸線を移動すると離れられません、淡路ICから高速に復帰です。

こうして、自宅に19:38に到着です。今回は、以外と私の車の写真が多いと思い、思い返すとこの頃にノアの発注をしており、乗り換えの直前でした。そのため、こんな写真も残っています。しかし、これが、当時は最期の遠出と思っていましたが、納車直前までウロチョロしています。懐かしいです。それにしても、今でも行きたい場所は、計画に入れるのですが、時間を考えることがなかなか出来ません!

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-四国, 平成18年度以前, 温泉
-, , , , , ,

© 2022 White Wave