令和4年度 長野県

乗鞍高原の小さい秋②

https://white-wave-s.com

少し戻ります

座望庵駐車場に移動しました。本日、こちらに駐車しているのは工事関係者の車だけです。ここからは、「まいめの池」へ向かいます。座望庵駐車場の端にある「乗鞍ネイチャードーム」の横から徒歩です。(名前が付いていました)道を渡れば「まいめの池」になります。

まいめの池から、振り返れば普通の時は、「乗鞍岳」なのですが…、相変わらず変化は見られません。

「まいめの池」こちらは、見た感じは、2段池です。上段は、水が多いですが、下段は枯れているのか草で覆われているようです。

まいめの池の最上段から振り返ります。晴れていれば、池に乗鞍岳が写り込むのですが…。写真を撮っていて、気がつきました!足下の草が色づいています。乗鞍は見えませんが、秋は発見できました!せっかく用意されている「白いベンチ2」です。ここでも、コーヒー休憩です。

気温は、申し分ないです。少し歩いても、暑くも寒くもありません!これで、秋が進めばこうはいかないのですが…。

気がつけば、コーヒー休憩だけです。

思うように、紅葉に巡り会えず、少し歩いては、コーヒー休憩です。もちろん、紅葉を求めるには季節が早すぎているのですが、雨続きの日々に、つい変化を求めて…。

移動します!乗鞍に来たのにコーヒーだけで終わらすわけにはいきません!9:30一の瀬園地の駐車場です。乗鞍の方面を見れば、乗鞍を過ぎた辺りで雲が切れています。ちなみに、松本市の天気予報は、晴れです。では、ブランチです。便利な横文字を覚えました。私事ながら感心します。貧乏人に優しい、トップバリュー製品です。乗鞍は見えませんが、とりあえずお腹は満足です。移動です!

 

乗鞍BASEです

一ノ瀬園地駐車場から車で5分程です。なお、向かう道にも「熊注意」の看板です。以前には、無かった看板ですので、やはり今年は熊が多く出ているようです。(念のため自転車の方も熊鈴持参をお勧めします)

乗鞍BASEの施設に到着です。本日は、営業されていないようです。まだ、秋前ですので冬季閉鎖前だと思うのですが…。中に入ります。子供用の遊具の横を抜けると、メインの施設です。食堂やオートキャンプ場、レンタルサイクルの受付です。手前にあるのが、乗鞍岳観賞用のオープンデッキになります。

それらの施設の裏側には、今は使われていないスキー場のゲレンデです。なだらかな坂ですので、ここでならスキーの練習に最適そうなのですが…。

こちらには、オートキャンプ場があります。しかし、受付が閉まっているので、営業していませんでした。少し寂しさが漂う乗鞍BASEです。オートキャンプ場の向かい側には、キャンピングカー用のスペースです。こちらは見晴らしの良い芝生になっています。ここからは、乗鞍が見えます。(晴れていればです)

乗鞍観光駐車場です

どれぐら、混んでいるか見たくなり立ち寄りました。こちらは、乗鞍岳の山頂に向かう最もポピュラーな場所になります。しかも、現在は「ご来光バス」運行期間中です。(9月25日まで)今であれば、ご来光バスで山頂に向かい、そのままご来光を見て、最高峰の剣が峰に登り、山頂食堂で1杯コースが堪能出来ます!(天気が悪いと運行されません)皆さんがどうのように過ごされているかは、不明ですが、バス乗り場周辺は車が多いのですが、奥の方は結構、すいていました。

相変わらず、「車中泊禁止」看板はあります。難しいところだと思います。ご来光バスの始発は、9月は4時です。この場所に4時前に来て乗車するのは、限りなく困難です。車中泊が便利なのですが…。現実対応としては、弁当持参で仮眠でしょうか?

そんなことを考えていたら、ブランチのおかげか、眠くなってきました。帰宅します!この分では、乗鞍の紅葉は、まだ遠いようです。改めて、出直すことを決めて帰路につきます。でも、帰宅しても寝ません。夜に寝れなくなります!早く秋晴れの季節が来てくれないでしょうか!

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-令和4年度, 長野県
-, , , , , ,

© 2022 White Wave