京都府 平成24年度

京都水族館夕方からの、夜間観賞!

https://white-wave-s.com

水族館からの手紙!カナダからではありません!

京都水族館も2度目の時に年間パスを購入しています。この度、京都水族館から年間パス利用者向けに、夜間見学会の案内があり、早速お出かけです。なお、今回は、自宅から珍しく電車を使用して、向かいます。その理由は、簡単です。…。飲めます!ちなみに京都水族館は、今回で4回目になると思います。

1回目(平成24年12月22日) 水族館!夜間拝館?

ちなみに、本日は土曜日です。しかも、3連休の最初の土曜日になります。来週の年末年始のお出かけのため、体力と節約と準備のためと諦めて、近所へのお出かけです。しかも、珍しく車を使用しません!

14:30自宅を歩いて出発です!電車で京都駅に向かいます。久しぶりの電車にすでに遠足気分です!京都まで約30分です。問題は、京都駅からです。お勧めはバスです。(現在ではJR梅小路駅があります)待つのが苦手な私は、歩きます。20分程です。京都市内のお散歩と思えば、20分は短いです。なお、歩き出して10分ほどで、後悔していたことはお伝えしておきます。

16時前に京都水族館に到着です。なお、この時間に着くように予定してきています。私達も無限に体力があるわけでも無く、夜間水族館観賞を前提に夕方の到着です。取り急ぎイルカプールへ向かいます。折しも、ショータイムでした!

まったく、水族館の生き物は元気です。動き回っています。しかも、日が陰り初めのため、写真がピンボケです。どうか、水族館の皆さん、「止まれ」芸を教えておいてください!その代表の、アザラシです。円筒チューブを動き回ります。その動きに合わせて、周囲のおばさまが大騒ぎになります。両方に疲れてしまいます。

施設サイズは小さいですが大型水槽もあります。こちらは、時間の流れが他と違い、ゆっくりと流れ、魚たちもいくぶんか優雅です。さらに、エイの笑顔は素敵です!

ペンギンの子供です。可愛いです。クラゲの子供です。こちらも可愛いです。なお、一番可愛いのは、子供の頃の私です!

若干、説明が前後しますが、京都水族館の年パスを購入したのは、近いので、時間が無くても来れる。天気が悪い時も利用できる。電車で来れる=飲める!です。そのため、こちらに電車です。この流れでご理解いただけると思いますが、夜間までの少しの時間で夕食を食べに外に出ます。よい子は、館内で歩き飲みしないで下さい。

京都水族館は大宮通に面しています。それを上れば七条通との交差点「大宮七条」です。この交差点の北東角にある定食屋さんが私達の食事会場です。メニュー代わりに張ってある写真の定食が、私のイメージする定食なのです。プシュー!食事と一緒に飲めるのは嬉しいです!やっぱり京都水族館は大好きです!この時の食べた物は不明ですがビール2本です!ただ、良さをお伝えするのであれば、コッテリ感です。ビール片手に食べるのに最適です。なお、営業終了時間が早いので、それに合わせて早めに来ています。

18時も廻れば、暗くなっています。先程アザラシの円筒チューブは屋外なので、暗さが素敵です。大型水槽の方は、自然光が減ったぐらいであまり変化は感じません。しかし、屋上のペンギン広場の方は、夜間であることが顕著に分かる暗さです!暗くてペンギンが見にくいです。そこは、それ、雰囲気を楽しみましょう!

なお、ご紹介が遅れましたが、イルカプール越しの東寺五重塔です!でっ、メインのイルカたちは、思い思いに泳いでいます。こうして、京都の夜も更けていきます。嫁は、とうの昔に…。夜間の方が五重塔が、夜空に浮かび上がるように感じ、きれいに思います。

20:40今日も楽しく水族館見学が出来たので、満足して帰宅です!

2回目(平成25年1月27日 日曜日) 水族館!リターン?夜間拝館2!

すでに、ここに来る理由については、お伝えしましたので、省略はしますが、年が明けています。先月から年末年始の旅を挟んでいます。さらにこの水族館を愛用する理由のとおり、日曜日の午後に利用するのに最適です。なお、今回も電車です。電車のデメリットは、寄り道が出来ない所ぐらいです。したいのですが…。

何分にも水族館で生き物を展示している場所なので、毎回内容が変わると言うこともありません!しかし、こちらがマイブーム中です。以前にも、比叡山延暦寺がマイブームの時があり、そのときも「友の会」に入会していましたが…。懲りません!

15時京都水族館到着です。最初に見学に向かうのは、ペンギンです。子供がいます?今が羽化の時期なのでしょうか?この前にも、ペンギンの子供を見ていた記憶があるのですが…。少し大きな子供ペンギンは、展示場デビューのご様子です。人間で言うと幼稚園入園でしょうか?

ペンギンからのイルカです。なにげに東寺さんの五重塔が写真からもアピっています。頑張れば、五重塔をジャンプしているイルカを写真に収められるかもしれません!ついでに、新幹線です!

先程見ていたペンギンの赤ちゃんですが、屋内展示でしたが、夜間は明かりを落として夜の環境作りです。見にくいです!大人のペンギン展示スペースの方も暗いです。見にくいです!ところで、ペンギンは夜行性でしたでしょうか?細かいことが気になる方は、夜の水族館見学は、適していないかも知れません!それにしても、暗がりを1人歩くペンギンの姿は、疲れたおじさんの仕事帰りの姿が重なります…。

しかし、夜のイルカプールは人気です。1月末の京都の底冷えのする季節ですが、見学者多数です。イルカもそれを知ってか、元気に遊んでいます。ちなみに、なぜかイルカの名前の紹介は円形の写真パネルでの紹介です。ホストクラブのエントランスか?

夜の水族館とは、少し距離を取る屋内大型水槽ですが、こちらはいつもの日中の南国の海状態です。いつもの日常が流れている気がします。なかには、早々に夜食を食べている魚もいます。話の流れ上、割愛していますが、すでに私達も夕食を食べています。さらに私は、すでにご機嫌です!

最期に、夜の山椒魚です。あの~!この辺は、昼も夜もあまり代わり映えが…。細かいことを気にするより、楽しみましょう!

20時過ぎ、水族館を後にします。デメリットは、自分の足があれば、メリットに出来ます!いつものように歩いて、京都駅に向かいますが、駅の前を通り過ぎます!

20:40京都新福菜館です。京都ラーメンの老舗です。場所は、京都駅の東に進むこと15分です。高倉塩小路交差点を曲がるとあります。富山ブラックラーメンが有名ですが、こちらが京都ブラックラーメンです。見た目は黒く、醤油味だと思います。何分にも味音痴なもので…。なお、こちらのチャーハンは、ラーメンと同じく、ブラックチャーハンです。

やっぱり、京都水族館の夜間鑑賞は、大好きです!夜の水族館を楽しめる人は、夕食が2回でも気になりません!

PR

-京都府, 平成24年度
-, , ,

© 2022 White Wave