京都府 平成20年度 温泉

日帰りで温泉と洞窟へ

https://white-wave-s.com

そのままですが、日帰りです!

他でもありません!日帰りの理由は、今日が日曜日だからです。悲しいですが、悲しんでいても時間は過ぎます。とは言え、行き先にも迷う年頃です。若ければ、明日の月曜日を忘れて何処にでも行けるのですが、ない分にも体力が不安です。正直なところ、明日の月曜日の心配よりも帰路の運転が心配なので仕方がありません!

日帰り(平成20年7月6日 日曜日) あ~日曜日🎵(TUBE)かな?

少し以前の話になるのですが、お仕事の関係で、京都府の北部にある綾部市に行く機会がありました。その帰りに是非と言うことで紹介されたのが、この「綾部温泉 仁王の湯」です。こちらは、京都市内からの一般道の主要道路となる国道27号線から意外と距離のある場所にある山間の温泉施設になります。温泉の付帯施設もあるので周辺の方々が多く利用されています。

今回は、日曜日の日帰り温泉としてこちらを選んだのには、理由があるのです。以前に利用したのは、仕事帰りですたので、私だけが利用しました。嫁が私は行っていない!&なぜかこちらの温泉の割引券をいただいたのです。幸か不幸かこのような状況のため、「綾部温泉 仁王の湯」へ向かいます!嫁曰く「割引券があるから!」です。

自宅を8時に出発します。ちなみに使用するのは京都縦貫道路です。すでに割引券を上回った支出です!ここで細かいことを言い出せば、今後のお出かけに影響しますので…。

自宅を出る時には、早く目的地に着いたら施設の前で待つ予定でしたが、以外に時間がかかり到着は10:10でした。こちらの「綾部温泉 仁王の湯」ですが、外観は道の駅のような感じです。1階部分はレストランとお土産スペースもあります。宿泊も可能な施設になっています。

早速ですが、入浴です。どうも常連さん的な方々が多いようです。浴室は屋内風呂と一応、露天もあります。露天は狭めです。と言うか、人が多いです。人気のようです。内風呂も人気で人が多いです。このような時もどうしてもあります。このよう場合は、私はひたすら露天で過ごします。(すいていても同じですが…)露天からは、山間の田舎の景色が広がっています。露天で過ごしていると屋内風呂は子供達の声が賑やかです。露天には来ないでねと言う、願いも届かず、しばらくすると露天で子供達が…。

11:50あがりました!こちらのレストランを覗きましたが、すでに順番待ちです。諦めます。ただし、ここを諦めると、しばらく国道27号線を移動しないと食べる場所は見当たりません!(そのため混んでいる気もします)

なお、今回は利用しませんでしたが、綾部市内に「京 綾部みやび温泉 大家族の湯」(京 綾部ホテル)があります。こちらは、綾部市内に行くと国道27号線で、目にする大きな看板があり、2度ほど利用しました。屋上の露天風呂が大きく快適でした。2度目に利用したのは雪の日でした。雪が降ったので利用したのですが、さすがに露天は凍てつく寒さです。露天も浴槽が複数あるので満足感が高めです。

さて、綾部市内に向かいました。私は、あちらこちらに行くのが好きなのですが、始めて入るお店には抵抗があります。自分でも理由は分かりません!昼ご飯難民の私達です。難民の理由は、私ですが…。綾部駅の近くのスーパーでお弁当です。市街地を離れた場所で食べる予定で購入しました。

お弁当を購入して、南下です。京都市内方向に移動し始めます。国道173号線です。国道27号線と違い、交通量が少なめです。いえ、ほぼありません!今度は、お弁当を食べる場所を求めて移動しています。

13:04質志鐘乳洞公園到着しました!ここでたべられます!以前からここは気になっていたのですが、今までは寄ることも無く通過してきましたが、これも何かの縁です。お弁当を一気に食べて、鍾乳洞へ向かいます!

勇んで、鍾乳洞の入り口まで来ましたが、よく考えると私は閉所恐怖症です…。今更引き返せません!すでに、昼ご飯の時から嫁をひきづり回しています。あとは、小さめの鍾乳洞であることを祈りつつ、入場です!失礼な表現ですが、以外と鍾乳洞していました。想像では、鍾乳洞と言いながら、洞窟では無いかと想像していましたが、しっかり鍾乳洞しています。星飛雄馬が籠もっていたのでしょうか?(巨人の星です)

今日は、私の祈りが届かない日です。以外と広いです。まっ、その分色んな物を見ることが出来ましたが…。親子カエルや鉄棒です。なお鍾乳洞の中の水の中にも魚がいました!しかも、つかみ取りが出来そうな量がいます。

こうして、鍾乳洞を後に帰宅です!帰宅後に、嫁が割引券があったけど、交通費を考えると割高や!だ、そうです。まっ、このタイミング言うので、私が色んな場所に行けるのですが…。

PR

-京都府, 平成20年度, 温泉
-, , , , , ,

© 2022 White Wave