令和4年度 日々の生活

歯医者の治療で思うこと…

歯医者に歯医者復活です…

日曜日の夜です。晩ご飯の途中で悲劇に見舞われます。西条さんに見舞われたのでは無く、歯が折れました。でも、一安心です。差し歯の歯が折れたのです。でも、よく考えると一安心できません!歯の治療は高く付きますので…。

折れた差し歯は、前歯です。小さい頃にブランコに当り、それ以来の抜き差しならない差し歯です。なお、こちらは8年ほど前に根元が折れて、再治療しています。そこの差し歯の一部が折れたのです。嫁が、「食べ物と一緒に、よ~食べへんかったな~」と関西弁全開で褒めてくれます。こうして歯医者復活です。

昔は、歯医者と言えば、虫歯治療でしたが、最近は完全に歯自体のトラブルです。急に昔の治療跡に痛みが出て、見てもらうと神経に当るなどの治療です。虫歯と縁遠くなったのが電動歯ブラシの使用後かと思います。歯磨きだけは、歯医者さんに褒めて頂けるのです。

ソニッケアーを愛用して十数年です。現在は2代目を使用しています。なお、私が購入したのは、黒です。在庫が有り早く入手できたので…。なお、2代目で僅かですが、進化していました。電動歯ブラシの本体が、以前は単なるプラスチックのようでしたが、現在は車で言うところの親水性のプラスチックのような感じです。歯磨き後の歯ブラシの状態に満足できます。

 さて、余談です。

現在利用している歯医者さんは、2人態勢でされています。治療が早いです。昔の私が子供の頃の歯の治療と言えば、今日は何をしたのかが疑問に思えることが多々有り、治療終了まで気が遠くなっていた記憶があります。現在の所は、それが無く、早いです。しかも、昔も今のですが、苦手な治療時の麻酔です。今では、どこの歯医者さんでも導入されていますが、歯の麻酔前の塗り麻酔を使用する2段構えの麻酔方法です。これを思うに、現代の子供達のなんと、恵まれていることか!

それに、最近のドリル使用時の昔のような、嫌な匂いが無くなっているような気がします。診察室に入れば、前の人の治療人ドリルの匂いが漂い、それでけで憂鬱思いをしていましたが、無くなりました!大阪万博のテーマ「人類の進歩と調和」に感謝です。

本題です

他でもありません!技術の進歩は、充分に感じているのですが、私自身の問題かも知れませんが、今回の治療でもそうでしたが、歯の麻酔を使用した場合は、当然ですが口の感覚が麻痺しています。

歯医者の先生が、長後に自信満々で「噛み合わせの状態はどうです?」と聞かれるのですが、私の口は、まだ麻酔が効いています!しかも、歯の治療で歯を削られているので、以前の感覚と違います!

そのため、「麻酔でなんとも言いがたいです」としか答えようが無いのです。

さらに追い打ちをかけて、今度の差し歯の色ですが、この色味でどうです?と聞かれるのですが。私は、歯も悪いですが、目も悪いです。現在の歯の治療のため、眼鏡をポケットに入れているので、色も形も見えていません!一応ですが、眼鏡を掛けますが、イマイチ色の違いが分かりません!

そのため、「お勧めの色で!」としか答えようが無いのです。

これは、私だけでしょうか?それでも、もうすぐ歯の治療も終了です。出来れば、お世話になりたくない歯医者さんです。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-令和4年度, 日々の生活
-

© 2022 White Wave