平成20年度

淡路島!たまには、観光地巡りです。②

https://white-wave-s.com

3日目(5月11日) 嫁リクエスト2日目です

6:00淡路島早くも2回目の目覚めです。同じ場所で、2回目の目覚めの後の行動は、イマイチです。のそのそ着換えて、6:30それでも、朝食会場へは、移動します!昨日同じように、公園です。時間が遅い分、お散歩の方も多いです。多いと言っても、5組ぐらいなのですが、普段の倍です。動きがゆっくりなのは、今日の予定も開園時間があり、時間調整の意味もあるのです。

それでも、ここに入れるのも限界があります。7:35出発です!淡路ICから降りて、下道で移動です。淡路島の東海岸沿いを南下します。昨日の国営公園の前を通過します。洲本市からは、淡路島の内陸を移動です。

8:58淡路島牧場到着です。嫁リクエスト2日目の最初の訪問地です。牛さんに出会いたいそうです。若干ですが、この牧場への入り口が分かり難かったですが、無事到着出来ました。ここから、怒濤の牧場体験の連続です!

まず、こちらの農園で玉ねぎの収穫体験です。施設の方の案内で農園に移動します。なんでも、残りが少ないと言うことで、場所を大体指示してもらったところで収穫すれば良いと言うことで、収穫します。サイズは余り大きくありませんでしたが、量が多めかと思います。初めての玉ねぎの収穫なので基準が分かりません。収穫後は、車に戻り、玉ねぎを入れておきます。

次は、牛さんへの「乳飲まし体験」です。私は丁重にお断りして、嫁だけ体験です。大きな哺乳瓶であげていますが、子牛の力強さに、さすがの嫁も腰が引けています。隣の柵には、ポニーも居て、体験乗馬も可能だそうです。

10:40早くも3つ目の体験です。「チーズの手作り体験」です。2人で体験します!容器に牛乳やお酢を入れて、ひたすら振り続けます。しばらくすると、容器の中に固形物が出来た感覚が分かりました。その成果です!持って帰るのも出来たみたいですが、安全性を考慮して、この場所で頂きました!

間髪開けずに、4つ目に移ります。「乳搾り体験」です。これも、嫁のみです。すでに、想像されているかも知れませんが、私は、動物が苦手です。小学生1年生までに少なくとも3回ほど犬に噛まれたので、犬も触れません!なお、私が中学生の頃に、母が犬を飼いだしたので、犬については、若干ですが触れるようになりました。それはさておき、乳搾り体験ですが、消毒をして、体験者用の帽子を被り乳搾りです。私は、嫁が消毒をしている間に、先に牛さんにご対面です。どうも、牛さんに警戒されています。乳搾りに満悦の様子の嫁でした。少し体験すれば、慣れるみたいで順調に搾れていました。

なお、こちらの体験には予約が必要な物もあるみたいので、ご確認下さい。また、こちらには、牛乳小屋があり、牛乳が飲み放題の施設があり、いつもより沢山牛乳を飲ませていただきました!これにて、無事嫁リクエスト2日目の終了です!嫁リクエストを終え、少し解放された感じがしますが、表情に出さずに移動です!

11:54道の駅うずしお到着です。駐車場から施設への道には藤の花が満開で、お出迎えです。レストランを覗きましたが、時間が悪く混み合っています。そのため、先に鳴門海峡大橋の見学です!道の駅の施設の先にある橋側の階段を降りて行きます!ここからの眺めは、橋も海峡も迫力を感じながら観賞できて良い場所なのですが、帰りの階段を戻るのが、大変です!また、時間の制限もありますが、鳴門海峡大橋を一部歩ける場所もありますので、ぜひお散歩して下さい。では、待望の昼食です。多少混み合っていますが、すでにお腹がここで食べることを主張しています!少し待って食べさせていただきました。既に何度かこちらも紹介していますが、ここのレストランからは、鳴門海峡大橋と同じ高さからの景色がよく見ることが出来ます。ちなみに、レストランの横には分かりにくいですが展望スペースがあります。なお、こちらのレストランのお気に入りのポイントは、どうもメニューの開発を熱心にされているみたいで、いつも新しいメニューがあります。反面ですが、以前のお気に入りに出会えない場合があります。まっ、それほど記憶力が良くないので、良く似たものを注文しているのですが…。

今回のお出かけは、嫁リクエストがテーマでしたが、隠れテーマは初めての所に行く、と言うのがあります。

13:00鳴門橋記念館です!何故かは、分かりませんが、施設の前は何度も通過していましたが、立ち寄ったのは今回が初めてになります。まずは、屋外展望台から鳴門海峡大橋です。先程と違い距離が離れている分、橋と陸地の両方を見渡せます。なお、この施設には、ここ淡路島の伝統文化「人形浄瑠璃」を実際に見ることが出来ます。折角ですので、見学をします。題材は、人情ものでした。(タイトルは忘れましたが、有名な題材です)見たことの無い方には、是非見ていただきたいと思います。なお、私は高校が京都ですので、社会見学が南座で浄瑠璃というものがありました。人形は初めてです。時間は短めですが、余裕を持ってくる必要はあります。

ここまで来ると、初めての場所巡りが気に入ります!

15:20あわじ花さじき到着です。この場所は初めてでは無く、何度か来ていますが、この時期に来るのが初めてです。やはり、こに時期は、花が少なめです。分かりにくいのですが、黄色と紫の花もありますが、目立つのはツツジです。雲もありますが、青い海と青い空が繋がっています!

16時です。現在で言う、「淡路島公園 G駐車場」です。この当時は、違っていますが…。こちらは、淡路ハイウェイオアシスの裏側に広がる公園の一部なのですが、ハイウェイオアシスからは、少し距離があるので、来たことがありませんでした。今回の初めての場所シリーズで始めて立ち寄りました。どうも案内板を見る限りでは、展望台が売りみたいです。では、展望台に向かいます。展望台ですが、淡路ハイウェイオアシスからの景色を見ているので、すべての景色が遠く感じます。あえて、良いところを挙げれば、人がいません!来る気配もありません!イメージは、ラピュタの公園です。少し、寂しい空気が漂っています!

時刻は16:40です。ソロソロ帰宅の時間です!遊び慣れた淡路島ですが…。(荻野目さん!)少し後ろ髪がひかれるというか、いつもの帰りたくない病です。しかし、明日は月曜日です。

17:07鳥ノ山展望台です。こちらは、もうすぐ、淡路ICと言うところにあります。展望台という名前ですが…。どちらを見る展望台なのでしょうか?いえ、贅沢は言いません!では、素直に帰ります!

今思えば、この頃は、まだ若狭が残っています。この時間に帰ろうとしている事で分かります。でも、帰宅時間は20時過ぎでしたので、プシュー!&風呂に入り、熟睡です。なお、帰宅途中に王将で夕ご飯を食べたもので…、若干帰宅時間が遅れています。それにしても、嫁リクエスト旅でしたので、今回は、嫁はご機嫌でした。

PR

-平成20年度
-, , , , , , ,

© 2022 White Wave