お勧め飲食店 令和4年度 温泉 長野県

安曇野ワイナリー&室山アグリパーク①

https://white-wave-s.com

昨日の公園に行った時に、気になったので…

昨日行った「黒沢洞合自然公園」ですが、その目印代わりの「安曇野ワイナリー」です。そちらは、嫁が以前から行きたいと行っていたのですが、私達は2人ともワインが飲めません。何故かは分からないのですが、飲めません。なのに、ワイナリーに何を求めているのかが…。

安曇野ワイナリーです

こちらは、安曇野市の左下です。松本市から上高地に向かう国道158号線波田地区の近くです。地図の上では、上高地の西側に位置しています。黒沢川の河川域に広がるブドウ畑の中の施設です。施設を取り囲むようにブロウ畑があるので、駐車場からもブドウが見学できます。若干ですが、施設への入り口が分かりにくいです。

こちらの施設では、食堂はありませんが、無料のワインセラー見学、ワインの有料試飲コーナー、お土産屋さんがあります。お土産屋さんに入ると、無料の飲むヨーグルトの試飲とワインの試飲が出来ます。

なお、こちらで製造されている、「安曇野飲むヨーグルト」は、安曇野市内で良く販売されているもので、現物を見れば、知っている方が多いと思います。

室山アグリパークです。

安曇野ワイナリーから約2KM程離れている、名前の通り「室山」にある山頂公園です。この公園は「安曇野みさと温泉 ファインビュー室山」の横にあります。そのため、公園を利用する場合は、ホテルの駐車場から向かいます。

こちらの公園のシンボルは、展望台を兼ねた、「でいらぼっちゃ」です。山頂の公園にある展望台ですので、安曇野市街地が見通せます。また、この山自体を利用した巨大滑り台があります。以前には、有料のリフトやボブスレーがあったそうなのですが、維持費がかさみ廃止されています。残念です!なお、当時の管理施設とおもわれる施設が残っており、キャンプ場のような感じを受けます。

では、改めて「安曇野ワイナリー」です。

実は、こちらも何度も迷子になっています。「安曇野ワイナリー」の看板はあるので、何度も向かうのですが、肝心の最期の分岐点の看板が、分かりにくいです。もう少し大きめにしていただけると嬉しいです。でも、もう迷わずに行けます。昨日の道で、向かいます。

黒沢洞合自然公園の前を通過して、分かりにくい分岐点を曲がり下り坂の下には、「ブドウ畑」です。一面のブドウ畑が広がっています。その中央に施設があり、その施設横に駐車場です。

嫁リクエストからずでに、3年は経過しているでしょうか。何度も迷った結果、本日、たどり着きました。

では、施設見学です。施設の中は、ショップになっています。検温と消毒の後、カウンターに案内され、飲むヨーグルトとワインの試飲です。しかも、無料です。ただし、試飲のコップのサイズは、健康診断での胃カメラの炭酸の入れ物のサイズです。

ワインは飲めませんので、飲むヨーグルトのみいただきました。生産の場所で飲んでいるので、普段のものと違い濃い気がします。トロリとした、爽やかな甘さです。この後、中型のサイズの「飲むヨーグルト」ご購入です。やはり、こうなります。

店内を見回っていると、隅にひっそりと「有料の試飲コーナー」です。繰り返しになりますが、私はビール以外は飲めません!そのため、このような試飲コーナーはテレビ以外では初めて見ました。興味津々です。

赤ワインテイスティング3点セット(各30CC)がグラス1個付で1,320円です。(税込み)高いのでしょうか?ちなみに、白は(各20CC)で550円(税込み)で、価格表の下段には、本日のテイスティングメニューとしてボトルの値段が表示されています。ボトルでもテイスティングというとは知りませんでした。これからは、堂々と500CC缶で試飲をすることとします。

なお、聞けなかったのですが、各30CCと表示されていたので、3種類の試飲が出来ると思っています。詳細は不明です。

奥にある施設にも行くことが出来るようなので、向かいます。「ワインセラー」のようです。正面にあるガラスを覗き込むと、半地下に広がるワイン樽です。横の看板には、「ご自由に見学ください」ですので、お邪魔します。

海外のワインセラーのように何段にもなってはいませんが、樽が並んでいます。樽のお腹にある”ヘソ”部分からは、ワインがしみているのが見えます。幸か不幸か、ワインの匂いは、ありませんでした。

手前のスペースには、カウンターや椅子席があったので、かつては大々的に試飲をされていたのかも知れません。

では、外に出ます!外には、ブドウ畑に向かってバルコニー席が用意されています。(休憩用か、何に使うかは不明です)

現在のブドウの生育状況は、すでにブドウの形が形成されています。ただし、サイズはかなり小さいです。でも、どの木にも沢山のブドウが実っています。次回は、収穫前の時期に見に来たいものです。現在の所、一面は緑一色です。

なお、併設されている「飲むヨーグルト工場」などは、見学出来ないようです。では、「室山アグリパーク」へ移動します。

後編へ!

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-お勧め飲食店, 令和4年度, 温泉, 長野県
-, , , , , , ,

© 2022 White Wave