お勧め飲食店 令和4年度 長野県

悩み、迷い、動く「北アルプス展望美術館」

https://white-wave-s.com

他でもありませんが、天気が…

天気がぐずついて、天気予報が外れています。そのため、標記の通りの心境です。週末のお出かけ候補と天気が定まりません!

天気が良い時と悪い時では、行き先が変ります。行き先が変れば、自宅を出る時間も持ち物も変ります。私的には、久しぶりの山からの景色と思いながらも、天気が悪いとどうにもなりません!特に、ロープウェイやバスの利用が必要な場所ともなると、時間と費用が全て、文字通りの「雲散霧消」と帰します。

と長い時間考え、決定です。日曜日よりも月曜日が晴れそうです。そのため、日曜日は近場にお出かけです。

北アルプス展望美術館です。

すでにこちらも、何度もお邪魔しています。名前こそ、美術館ですが、こちらは、「北アルプス展望美術館(池田町立美術館)」、「あづみ野池田クラフトパーク(池田町想像館)」がある公園です。施設の建設時の想いが、名前の長さに感じることが出来ます。

縦長のあずみの平ですが、こちらを構成している安曇野市の北側にある池田町です。そちらの北アルプスに対して東側の山の斜面にあるのが、こちらの公園です。ちなみに、美術館は有料です。一部ですが無料開放されています。そのため、私達が利用しているのは、無料の公園部のみです。駐車場も無料です。

日曜日です。昼食後の午後です。

休日の昼食は、自宅にいる時はどうしても早くなります。そのため、11時半頃には食べ終わっていました。すでに、近場にお出かけとは、決めていましたが、どこに行くかを決めずに過ごす昼食後に思い出したのが、「北アルプス展望美術館」です。

12:56北アルプス展望美術館駐車場に到着です。本日の私の天気への想いです。「今日晴れると、明日が晴れないので、曇りで良いです」です。思いが通じているのか、空には、雲が多いです。ちなみに、眼下に見えているのは「池田町」です。

そして、駐車場の横にあるのが「臣喰館」です。正式名称が「北アルプス展望池田食堂 臣喰館(しんくうかん)」です。利用したことは無いのですが、とりあえず、眺望は間違いなく良いです!昼食後ですので、素通りして(美術館も素通り)奥に行きます!

先程、紹介したとおりなのですが、遊歩道以外はほぼ斜面です。北アルプスの景色に対しての斜面です。そのため、南北には平行移動ですが、東西移動は山登りか山下りになります。当然、散歩は北駐車場から南に向かいます。

公園を上から見下ろすと、ほぼゴルフ場です。一面に芝が広がっています。池にハスが見えますが、帰りに寄ることにします。まずは、北アルプスの景色です。想い裏腹、雲が邪魔です!

ちりも積もれば~と言いますので、山の名前と景色を重ね合わせ、山の名前を覚えるようにしています。写真と実際の景色では、肝心の山の山頂が雲で隠れています。特徴が…。とりあえず、木陰でコーヒー休憩です。散歩に来ておきながら、日なたぼっこ状態です。

そろそろ、気合いを入れます!山登りです。公園の上部にあるクラフトパークへ向かいます。北アルプスの景色に向いているベンチに座り、再度北アルプスの景色です。対象になる北アルプスは標高があるので、実際の所、こちらでいくらか上った程度では、見え方は変りませんが、気分は違います!では、ここでまた休憩です。いつものことですが、散歩と言うよりも、休憩場所を変えるための移動を繰り返しています。こちらは、写真撮影場所でもあるので、他に人が来られたので、移動します。ここから見えていた坂の下の木陰にベンチがありましたので、そちらに移動です。

北アルプスの景色は変りませんが、私達のいる手前の公園の景色が変りました。先程のクラフトパークが青空に映えています。私の記憶では、「大草原の小さい家」のローラが走っていそうです!

現在までの滞在時間は約30分です。明日のことも考えて、そろそろ戻ります。では、行きしなに気になっていた「ハス池」を経由します。

場所は、ほぼ美術館の真下です。それほど大きくない池ですが、ほぼハスで覆われています。ピンクのハスが多く咲いていました。水中には、メダカでしょうか?小さい魚が泳いでいます。気がつけば、向かい側の北アルプスが池に映り込んでいます!ハスが伸びているので、山の全景が写りません!

これにて、長距離遠征前のお散歩終了です。なお、こちらにお勧めのオーベルジュがあります。「メイヤの木」です。こちらは、オーベルジュですので宿泊できるレストランです。地元の方の推薦です。なお、地元の方ですので利用されているのは食事のみですが、お勧めとのことです。私達も、何度か覗いているのですが、現在の所利用出来ていません。嫁と近々にでも行ければと話しています。もちろんですが、ここからも眺望がとても良いです!

帰り際に、「あずみの花火大会」がここから見えた気がする、私です。山の上に見えていたのでは…??確証はありません!

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-お勧め飲食店, 令和4年度, 長野県
-, , , , , ,

© 2022 White Wave