お勧め飲食店 平成26年度

神戸 モザイクからの須磨水 須磨浦山上公園サイクリング②

https://white-wave-s.com

神戸での目覚めです

心なしか、神戸での目覚めは、異国情緒を感じずに入られません。いえ、感じておくべきです。本日の予定は、須磨水です。朝食バイキングプランも考えましたが、朝をゆっくりと過ごしたかったので、素泊まりです。私達は、休日気分でバルコニーで朝食です。(コンビニ弁当ですが…)向かい側のモザイクでは、仕事準備の車が行き交っています。改めて平日の休日を堪能します!

須磨水の開園時間は、9時です。ここからだと車で約15,20分です。ありそうで、無い時間で用意します。ほぼ寝ただけの部屋ですが、若干の名残惜しさがあります。観覧車から見る景色は、怖いですが、観覧車を見る景色は大好きです。

8:20ホテルをチェックアウトです。この時期だと海水浴客は少ないと思いますが、少し早めの移動です。

須磨海浜公園です

9時の開園に入場です。駐車場は、不安を他所に空いていました。本日の予定は午前中をこちらで過ごし、昼食を食べた後に、移動します。そして、夜間の水族館を楽しみに、戻る予定です。アトラクションを再度、確認して見て回ります。

やはり、水槽で見た方が魚たちはハッキリときれいに見れます。奄美で嫁を刺した魚も泳いでいます。嫁が思い出して怒っています。からの~、ニョロニョロです。ムーミンの実写版です。こちらに居る亀たちは、サービス精神が旺盛です。愛嬌を振りまき続けています。嫁が投げている餌が目的ですが…。

最初に紹介したとおり、こちらは須磨海浜公園内で、海水浴場が目の前です。まばらですが、海水浴に来ている方がおられます。もう少し私も若ければ、泳ぎに行くのですが、帰宅する日には、泳ぎに行く体力はありません。

この後も、水族館中を見学しながら彷徨います。中には、水族館の展示らしくないような方々も…。時は昼食時間です。嫁リクエストです。「ラッコ」です。ご飯の時間に見学です。

でも、実際に昼時になる前には、私達も昼食を確保したいです。今日の朝、こちらに来る前に、見つけていたお店があります。須磨海浜公園前の道路の東側の1つ手前の信号の交差点の角にお弁当屋さんを見つけていたので、向かいます。買ってきて、水族館の中で食べます!我ながら良く見つけていたと、自画自賛しながら向かいますが、同じ思いの人が多いです。早めの時間なのですが、それも同じ事を考えの人が多い、多い…。そのため、最期の信号では、F1レースのスタートのようでした。

レース自体は、制しきれませんでしたが、無事お弁当を確保して、水族館で頂けました。

サイクリングです

唐突に感じられるかも知れませんが、折りたたみ自転車を嫁に買ってもらった手前、その必要性をアピールしておかないと、次回からおねだりが出来ません!そのため、唐突であっても、使用します!

須磨海浜水族館の駐車場で車から自転車を降ろし、西に向かいます!

須磨海浜水族館から、すぐにあるのが、海水浴場です。海水浴場を左に見ながら進みます。海水浴場が見えなくなると、しばらくは、町中の単なる道路「国道2号線」を移動です。併走する「山陽電鉄」を見ながら、さらに進むと、「須磨海浜公園」です。道も、見ようによっては、サイクリング道のようです。こちらには、大河でも描かれていた「一ノ谷 戦の濱碑」があります。写真は、「源平合戦800年記念碑」です。(基準年が不明ですが…)

須磨海浜公園です

駐車場に入れます。なお、こちらには、「史跡敦盛塚」があります。織田信長が最期に舞ったとされる主人公です。ちなみに、私は、あるのを知らず見ていません、残念です。

こちらにある駅で乗り物の券を購入です。遊園地エリアまでは、行かないので、展望台までです。

まずは、ロープウェイです。地元の人が、どこまでを神戸と呼ぶかは別にして、神戸の景色が見えます!正面には海です。先程までいた方向も見渡せました。

カーレーターです

さて、私的にはメインの乗り物です。「カーレーター」です。私の予想を裏切り、動いている見た目は、カゴに野菜を運ぶ箱をベルトコンベアのように見えます。さすがに、乗っているところは水平を保たれていますが、外の景色が見える窓は、斜めです。そのため、乗っている時に見える景色も、斜めです。

展望台から「カーレーター」の様子が見れます。意外に、きつめの傾斜でした。リフトでも良いと思う方がおられると思います、その通りなのですが、それでは、楽しさがありません!想像できるメリットの全天候対応です。

向かって左に神戸の中心街、左には、明石海峡大橋の景色が見えます。ここで明石海峡大橋が確認できて良かったです。近いようであれば、自転車で向かおうかと思っていました。この距離ですので、未練無く諦められます。

ちなみに、後ろの方向には遊園地エリアとそこに向かうリフトが見えています。それにしても、これらの乗り物を利用しないと行けない、山の山頂によくも遊園地エリアを作られたもののと、感心します。

展望台も堪能出来ました。時刻は14時です。そろそろ戻ります。ここまで来た行程を、反対方向に戻ります。

自転車置き場で鍵を外していると、おばさまが近づいて、自転車は良いと言われ始めます。何でも、須磨海浜公園を歩いて往復されたそうです。そこで、自転車をやたらと感心していただきました。これで、また嫁におねだりがしやすくなります!

本日2度目の須磨水です

時刻は、15時です。早速ですが、鉄砲魚の食事見学です。鉄砲魚のいる水槽の上に、餌の付いた板が用意され、それを鉄砲魚が落として食べます。安い入場料ですが、屋外には大きなプールです。そちらではアシカやイルカが芸をしてくれます。会場は人で溢れています。それにしても、いつから水族館でイルカショーが見れるようになったのでしょう?

これから、お目当ての夜間水族館の様子が見れるまで、館内を歩き回ります。

夜間水族館のメインです!日中と同じ会場ですが、周囲が暗いと見方も変ります。イルカショーの始まりです。会場は日中にも増して、人が多い気がします。一応、平日なのですが…。でっ、ショーも終わり、私の好きな時間です。

閉園までの、人が減っていく様子が大好きです。最期まで、館内をうろつきます。最期は、ラッコが休んでいる様子を見て、終了です。

水族館からは、高速で帰宅です。自宅の手前のICで降り、「京都王将」で遅い夕食です。

22:23無事帰宅です。サイクリングもした暑い1日でしたが、最期の夜間水族館で涼めた気もします。お腹も膨れ満足して就寝です。これで、明日仕事がなければ最高なのですが…。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-お勧め飲食店, 平成26年度
-, , , , , , , , ,

© 2022 White Wave