お勧め飲食店 令和4年度 温泉 長野県

裏見の滝「雷滝」・七味温泉から志賀高原!①

https://white-wave-s.com

裏見の滝です。「雷滝」!

名前から想像できると思いますが、裏側から滝を見れるものを「裏見の滝」と総称されています。決して、中島みゆきワールドの「うらみます」ではありません!

他でもありません、海の無い長野県で夏を涼しく過ごすには、山か川かです。今回は川、さらに滝ともなれば、涼しさを感じることが出来るかと思い、こちらにしました。

長野県高山村です

今回は、長野県にある高山村の「雷滝」です。高山村は長野市の東に位置する村で、ほぼ群馬県との県境です。高山村の北は「志賀高原」になる場所になります。また、「小布施」は、高山村の左上です。観光地に囲まれた山間の村です。

グーグルマップで見ても村の色は、緑色です。県道66号線がさらに山の中に、誘導してくれます。こちらの県道の別名が「湯つづき紅葉街道」です。名前で示すとおり、温泉が多くある紅葉の綺麗な場所です。

8つの温泉地(営業確認が必要です)が有り、途中には8滝もある、8繋がりの場所です。見上げると山の木は、確かにモミジが多かったです。でも、こちらの細い道に観光バスが通ると思うと、多少不安を覚えます。さらに、不安を増すのが、駐車場問題です。山道の66号線は、川沿いの山を削り作られている道で、山肌と川谷の間ですので道幅が広くないです!救いは、七味温泉までとりあえず、2車線は確保されていました。なお、このような道のため、工事(通行止め)も多いそうです。今回も片側通行区間がありました。(事前確認が必要です)

いきなり、読み間違いです!

本日の予定は、昨日には決めていました。本来であれば、どちらかの山に登る予定でしたが、天気がイマイチ良くなく、天気予報も外れ気味のため、天気にあまり左右されない場所である事も、決め手の一つです。また、滝の周辺には温泉が点在しているので、そちらも考慮して、向かいます!ナビを参考にして時間を決めています。ちなみに、滝は24時間営業です。そのため、温泉の日帰り入浴時間を基準にして向かいました。

と言う訳で、当日は5時起床です!おにぎりを作り、朝ご飯です!準備万端ですが、余裕を持ちすぎて、計画通りに7時に自宅を出ます。予定では、「雷滝」まで2時間ぐらいかと…。

当然ですが、下道です。愛用の19号線の北上しています。順調です!道の駅「信州新町」です。ここに来れば、いつも「蕎麦」なのですが、さすがに8時前で営業していません。トイレだけをお借りして先に進みます。私は、帰りに寄るつもりでしたが…。嫁には言っていません。先日からの雨のため犀川は泥色の流れです。

長野市内に入りました!予定より20分ほど遅れています。前回こちらに来たのは、善光寺のご開帳の時でした。そのため、ご開帳渋滞でしたが、本日は普通に通勤渋滞です。地元テレビでよく見ている長野駅です。見れると何か嬉しいです。さて、この道が最短距離ルートなのでしょうか?さらに、ナビを見間違い、思わぬ遠回りです。千曲川を越えました。こちらに架かる橋は、鉄道と併走しています。珍しいです。小布施に行く時にも使用しています。

高山村に突入!

もちろん正確には、分かりませんでしたが、道が明らかに変わりました!山道です。変な話ですが、山道に入って事で少し安心です。道路の両脇には、ブドウやリンゴです。私が思い描いていた長野県の景色です!さらに進むと、山道が更に山道になります!

八滝展望台です

突然です!道路工事の場所の信号です。んっ?その手前に建物が…。赤信号の合間に振り返り、確認です。木々の隙間に展望台が見えています!引き返します!

9:25こちらが、「八滝展望台」です。道路に施設が馴染みすぎて、見落としていました。場所的には「雷滝」の100M程手前です。お店とトイレの施設が道路に面してあります。反対側の川側に、展望台です。事前の下調べでこちらに立ち寄る予定をしていたのですが、展望台を目印にしていて、見落としました。道路から展望台は見えません!(よく見れば見えるのですが…)目印は、高山村看板か施設です。(この時は、工事車両が駐まっていました)

先にトイレに寄り、展望台に向かいます。道路から50Mぐらいでしょうか?ねっ?見つけにくいでしょう!でも、展望の高さがある事から、眺望に期待して上ります。

展望台に登りました!目の前には、一面ひろがる緑です。本当に、一面の緑です!よく見れば、山筋に滝が…。確かに滝があります。一筋の滝がありました。こちらの名称は「八滝」です。ひょっとして、八滝とは、縦に8つの滝がある滝でしょうか?緑が深すぎて、他に滝が見当たりません!どうにかですが、3つほどの滝は確認できましたが…。ここは、心静かに緑を楽しみましょう!本日のメインは、「雷滝」ですから!でも、気になるのは、紅葉のシーズンです。秋には、こちらも紅く染まるのでしょうか?それであれば、もう1度来てみたいです。

なお、帰り際に展望台の下で見かけた「熊に注意」です。行きしは、展望台の景色が気になり、見落としていました。看板だけで無く「熊鈴」の併設タイプです。できれば、展望台の階段付近に移設していただけると、ありがたいです。

なお、今回のメインの「雷滝」は、ここから目と鼻の先でした。工事区間の中です。と言うか、雷滝の駐車場の横、「雷滝」への入り口の反対側の崖の法面工事でした。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-お勧め飲食店, 令和4年度, 温泉, 長野県
-, , , , , , , ,

© 2022 White Wave