四国 平成18年度以前 温泉

しまなみ海道を渡る!①

https://white-wave-s.com

前段です。車中泊は出来ません!セダンの悲しさ、でも移動は快適でした

そうなんです。この頃は、セダンのため車中泊は出来ません。しかし、移動の手段としては快適に移動することが出来ました。なにより、普通車は乗り心地は最適です。この後は、ノア→ハイエースです。乗り心地的には、段々と悪くなっています。初めてハイエースで冬を迎えた時に、隙風の冷たさを感じた時には、少し悲しかった思い出があります。それは後の話です。今回は、しまなみ海道を渡り、四国、淡路島へと島を渡ります。

1日目(平成19年3月16日 金曜日) ホテル泊では金銭的にも時間的にも…

余裕が無くなります。そのため、計画にも余裕が無くなります。変な話ですが、宿を取れば、行き先が限定される気分がします。急いで自宅を出る金曜日の夜です。

19:50出発です。山陽道路を西に向かいます。何度も、訴えてきましたが、兵庫県の横の移動が苦痛です。兵庫県の横幅が長すぎます。

22:30福山市内のホテルに到着です。今日は寝るだけです。プシュー!&おやすみなさい!!

2日目(3月17日 土曜日) しまなみを渡ります

快適な移動が出来ても、疲れは出ます。ホテルを出たのは、9時頃になります。

9:57千光寺到着です。しまなみ海道の尾道大橋の程近く、ロープウェイもあるお寺さんです。千光寺山頂の駐車場から桜祭りの準備がされている公園をお散歩です。これであれば、4月に凝れば良かったと思いながら歩き始めます。

千光寺ですが、確かにお寺さんなのですが、私の認識では、ほぼ景色の良い公園です。しかも、桜の木が多いです。この時の記憶があり、後年桜の季節に無理矢理こちらに来ていました。お寺さんの方からは、瀬戸内海がきれいに見えます!本堂でお参りをさせてもらいます。その裏にある岩山を上ります。岩には、鎖が付いていますので、簡単に登ることが出来ます。修験道の修行場のようです。もっとも、私は、展望台の方が安心して景色を楽しむことが出来ました。では、しまなみ海道に向かいます。

11:00しまなみ海道です。まだこの道を利用するのは数回目です。そのため駐車スペースを見つけると駐車してお散歩して時間がかかります。なお、最後の写真の通り、この頃のしまなみ海道は、全線が高速では無く、島を渡るごとに、島の一般道に降りる必要があり、その意味では本当に橋の機能のみの街道です。

11:24因島到着です。橋から島の一般道を進みます。こちらの島には「水軍城」があります。向かいます!11:45水軍城です。水軍城なのですが、海から離れています。しかも、山の上にあります。なお、こちらの水軍城の築城は昭和58年だそうです。看板に記載されていました?えっ?昔あったものなんでしょうか?確実なのは、梅がきれいに咲いていた事です!

これまた、分かっていることですが、色んな所に行けば、それだけ時間がかかるのですが、島の南側に「地蔵鼻」の案内を見つけてしまい、向かっています。

12:23地蔵鼻です。見た限りでは、地蔵鼻と言うよりも、亀石です。由来を読むと、石のお地蔵さんのようです。それはともかく、なぜ地蔵の鼻なのかは記載されていませんでした。何故、鼻なのでしょうか?

疑問を残したままの移動開始です。人の生活圏が離れているので、海もきれいです。

13:05多々羅大橋です。橋を作られた方が、気を利かせて作られたPAですが、おかげで時間が…。

また、後年のことになりますが、ここを拠点に折りたたみ自転車を持参して、この橋の周辺を巡ることになることは、この時は思いも寄らないことでした。(自転車の長距離移動が得意で無い方は、ここを拠点にした方が、充実したコースが楽しめます)

13:27来島海峡大橋からの来島海峡SAです。最期は、駆け足でしまなみ海道を渡りました!本日の宿泊場所への時間が、本当に心配になったきたもので…。

橋を渡り、目指すは、「龍馬さん」です。愛媛を通過して、高知県は桂浜に向かいます。しっかりと遠いです。しかも、ナビを見て、高速では無く下道を選択しました。遠い上に、山道です。これまた、狭い道です。この時に通ったのが「道の駅木の香」です。この時は、既に予約したホテルがあるので、気にならずに、通過しています。

どうにか、高知県の市街地に入りました。一安心ですが、既に時間が遅いです。(ホテルに行くには、ですが…)

17:42桂浜に到着です。早速ですが、龍馬さんにご挨拶です。すでに日が傾く中、龍馬さんは私達を待ってくれていました。

桂浜の砂浜をお散歩です。砂浜の端の小山の上に神社らしきものがあります。向かいます!端の端を渡ります。今日はこれで何本目の端でしょう?階段の上には祠があります。お参りして、更に階段を上がります。桂浜の西側に広がる砂浜が見えました。ギリギリでしたが、本日の夕日を見ることが出来ました!しばらく見とれていましたが、よく考えると、日が沈めば暗くなります。反対側の桂浜は、暗くなりそうです。

          

急ぎ足で、桂浜の駐車場に戻ります。最期に龍馬さんにお別れを告げ、お土産屋さん街を抜けると駐車場です。闘犬の看板が怖いです。18:19移動開始です。高知県の市街地を抜けてしまい、晩ご飯のお店が無くなり、涙していると着いたのが「道の駅やす」です。ここで、急いで食事をして移動です。なお、この時は、使いませんでしたが、室戸半島をショートカットする魅力的なコースがあるのですが、2度使いましたが、恐ろしく狭い道でした。時間もかかる悪路です。しっかりと室戸岬経由でお進みください。(高速道路が建設されているかも知れません)

20:40ホテルリビエラ宍喰に到着です。すでにしっかりと日が暮れて、周囲は真っ暗です。チェックイン後、プシュー!で、すぐに温泉利用です。大浴場が素敵なホテルです。露天が無いのが残念でなりません。海に面した内風呂の窓からは海がかろうじて見えます。海の景色は、明日の朝風呂まで我慢です。ホテルの温泉は男女入れ替え制です。私のお気に入りは、ミストサウナ側と表示されている方です。浴室が2つあります。海に面していない浴室は、見落としそうになりますが、そこは小さくても静かに入浴できるのでそちらもお気に入りです。なお、このミストサウナが私の知り限りでは1番です。本当にミストが出ています。他のミストサウナも利用したことがありますが、ここが1番でした。入浴後に夜食です。では、おやすみなさい!!

PR

-四国, 平成18年度以前, 温泉
-, , , ,

© 2022 White Wave