令和4年度 長野県

安曇野市役所の風景(本当の街の風景!)

https://white-wave-s.com

市役所は、隠れた名所です。隠すつもりは無く、むしろ逆なのだと思いますが…

安曇野市内の中心部ですので、こちらにある市役所にわざわざ寄る方も少ないと思います。また、ここだけに寄るのは、もったいないです。でも、遠方から来た時の帰り道で、少しだけ時間がある時にお寄り下さい。ナビに安曇野市役所と入れれば、古いナビでも案内してくれます。

聞くところでは、昔の学校の跡地だそうです。

安曇野市の中心街ですが、松本市のような都市感は、ありません。でも、こちらの近隣は、警察署や消防署、郵便局、病院が集まる地域のため、夜間でも歩けます。さらに、猿も出ない模様です。私達には、憧れの地域です。そのため、市役所ほどの高さのある建物が少ないので、北アルプスの景色も眺められます。住所的には、豊科になります。安曇野ICにも近いので交通の便も良いです。そのため、道の駅ほりがねの里から高速での帰路につく前に、寄り道で寄れます。なお、隣には「豊科近代美術館」です。美術館や博物館が多いのがこちらの特徴の一つです。

今回は、桜の時期でもあり、こちらにお邪魔しました。

花のお庭です

時間は、7時前です。本当は、山の景色を見るときの基本は、朝です!特に早朝が良いです。当然ですが、天気の良い日が良いです。

美術館の前庭から北アルプスの景色です。本日は、少し雲が多めです。桜越の北アルプスは素敵です。庭園のお散歩です。

基本的に、こちらのお庭はバラ園ですが、今の時期には、桜や芝桜、ムスカリが満開です。お手入れが行き届いており、花の様子は、元気いっぱいです。

時間的に、安曇野市役所の職員の方々の出勤時間で、花満開の庭の中を通勤されています。花のアーチを抜ける通勤風景は、宝塚のトップスターに許された、大階段を降りる様子か、「花の子ルンルン」を彷彿させます。贅沢な出勤風景です。羨ましいです。

でも、子供の頃を京都の嵐山で過ごした私としては、地元の人には、この景色も普通にしか感じられないと思います。そんなものでしょう?

市役所の展望デッキです

朝の散歩は、少しで切り上げます。でももう一度、夕方に訪れます。夕方の景色も良いかと思いまして…。市役所の中に、お邪魔します。中央のエレベーターを利用すれば、屋上にある展望デッキの景色を見ることが出来ます。土日祝日も利用でき、夕方も利用できます。夜景も見れなくは無いのですが、街の明かりが少なめです。

夕方も雲が多めです。蝶が岳からの常念岳、有明山、立山方面です。薄日が差していましたが、今ひとつでした。

ついで、と言えば失礼ですが、「豊科公園」です。市役所の正面になります。タコのオブジェ的な滑り台があります。横のお寺さんの桜観賞です。公園の子供達の喧噪を他所に、お寺さんは静かでした。桜は少なめなので、市役所に戻ります。

朝の桜は、元気が一杯ですが、夕方は、同じ桜ですが、落ち着いた桜に感じます。年のせいでしょうか?最近は、桜よりも芝桜に惹かれる私です。

別の日の、朝と夕方の様子

余りにも、景色の魅力が無いので、追加です。朝です。美術館に佇む女性と北アルプスの景色です。晴れた、青空に桜が映えます。

そして、快晴の日の夕方です。晴れると、逆光のパワーが増しています。腕の問題では無いと信じています!

市役所の皆さんへ!不審者そうに見えますが、そうでは無いのです!桜が大好きなだけです。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-令和4年度, , 長野県
-, , , ,

© 2022 White Wave