令和4年度 長野県

運動不足に乗鞍高原!

https://white-wave-s.com

最近の天気のせいで、運動不足です。

天気のせいにしておけば、誰も傷つきません!でも、静かに体重が増加していくのを肌で感じます!もっとも、いち早く嫁が気がつきます。もっと他に気を使えば良いのですが…。

ドライブであれば、天気が良いのを望みますが、確かに貫禄を増した私のお腹に、長距離のお散歩は、この暑い時期には、遠慮したいのは、山々なのですが、食後のおやつの量が減るので、言うことを聞いて、お出かけです。

最近のマイブームは、他ならぬ単なるドライブでしたが…

「峠」、「そば」いずれも、私のマイブームは、体を動かさずに出来るブームでした。いえ、確信を持って選んだマイブームでしたが、今日は、久しぶりに歩きます。それでも、地味に最期の抵抗の如く、行き先を決めません!

「乗鞍の滝!」嫁の決断です。選択の余地はありません!

気も重いが、お尻も重いです。そのため、自宅出発は、9:10頃でした。

乗鞍高原 一ノ瀬園地です。

10:21一ノ瀬園地到着です。こちらに来る前に、乗鞍観光駐車場にトイレに立ち寄りました。駐車場が満車です。乗鞍岳山頂に行かれている物と思います。駐車場には車が一杯ですが、人は少ないです。ちなみに、白骨温泉に向かう方向に第2駐車場があるので、満車でもそちらが使用可能です。さすがに、人気です。そう言えば、安曇野市内にも夏山登山者用に駐車場の案内がありました。登山口近くの駐車場はどこの山の駐車場が狭いため、少し離れた駐車場を案内されています。安曇野市内から登山を予定している方は、事前に確認が必要です。

10:30山道散歩開始です。本日は、一ノ瀬園地から休暇村乗鞍の「ネジネジの木」を目指します。入り口は、一ノ瀬園地駐車場を見上げた場所になります。最近ですが、こちらの散策路が再整備されました。その恩恵か、山道の階段が白樺の木を使用されています。見下ろせば、かつての一ノ瀬の売店です。なお、現在の所、乗鞍岳は雲の中です。駐車場からの登り坂を登れば、その後は、勢いで進めます!(多分…)

こちらの道も、既に何度も来ていますので、注意が散漫です。そのおかげで、道端の花に気づきます!もちろん、どんな花なのかは知りません!「アザミ」は分かりますが…。いずれにしても、きれいです。嫁が、「私と同じと主張しています」…、私には、それほど、歳を取った花には見えないのですが…。

私は気分良く、嫁は気分を悪くしながら山道を進みます!程なく、苔玉のような石の小川に架かる橋です。石の隙間に水が流れています。この景色を写真で見れば限りなく、涼しげです。がっ、現実は、少し蒸し暑いです。でも、橋の上に吹く風だけは、私にも涼しく感じられます。

さらに進みます!山道に急に現れる、「車止め」です。確かに、いつも利用する「あずみの公園」にも雪の時に、柵の壊れた場所から続く、バイクの跡がありました。困ったものです。

今度は、離れた場所から聞こえる「水音」です。「オルガン橋」です。木々の隙間から見えてきました。こちらは、先程と違い水量が多いせいか、涼しさも増しています。こちらでは、周囲の木々の緑も目に優しく感じられます。しばし、こちらで休憩です。ここまで、流してきた汗と加齢臭を少し落としておきます。(環境汚染にならない程度です)

オルガン橋を過ぎれば、すぐに民宿が連なるアスファルト道です。アスファルト道を移動すること約2分で山道に復帰です。「善五朗の滝1KM」の表示です。時刻は、11時です。お腹がすいてきました!でも、久しぶりの山道なので、こんな時に限ってカップ麺は、車に置いてきています。何分にもお湯が重いので…。暑い、お腹がすいた、足が重いの三重苦の中、「善五朗の滝入り口駐車場0.1KM」の表示です。善五朗の滝の最寄りの駐車場です。この辺からは、人が多くなります!(実際は、2組しか合いませんでしたが…、最盛期には人が多いです)

11:03善五朗の滝への入り口に到着です。足が疲れていますが、それ以上にお腹が…。とりあえず、善五朗の滝です。善五朗の滝への橋から見学です。滝の飛沫が漂っています。滝の近くの展望台では、それがさらに増して、ミストサウナ状態です。滝を見てるだけで「整います」!(多分。)でも、10分以上いれば、「滴ります」(水滴で…)

こちらでコーヒー休憩です。ここまでで1組にしか遭遇していません。よくよく考えれば、冬の凍結していた時の方が多いかも知れません。気がつけば、コーヒーが無くなりました。せっかくなので、善五朗の滝の水を汲んで帰ります!

なお、先程から訴えていたとおり、ここで限界です!お腹が減りすごました!仕方がありません、引き返します。あえなく、「ネジネジの木」を断念です。

本来私は、同じ道を引き返すのは嫌なのですが、事は一刻を争います!多分…。

そのため、同じ道を帰っているので、特に紹介する物が…。

でも、1つだけ。こちらは、先日再整備された散策路です。また、モトクロス自転車用も整備され、一部で道が交差していました。見る限りでは、結構な傾斜の山道が自転車用です。上りもしんどそうですが、下りの砂利道でもブレーキは効くのでしょうか?

11:50一ノ瀬駐車場です。これで、ご飯にありつけます!見上げれば、乗鞍岳も雲の中から、見えています。でも、こちらの駐車場はアスファルトですので、暑いです。移動します。

11:59座望庵駐車場です。こちらは地道で、近くには小川のせせらぎです。ハイエースのバックドア全開です!約3分後の写真と比べると、すっかりと車内で日焼けしたカップ麺です。手前の花たちも、本日のカップ麺の出来映えを祝福しています。1番喜んでいるのは、私のお腹ですが…。

これで、こちらに、何も思い残すこと無く帰路につけます。しばし休憩の後、帰ります!

なお、帰り道に気になっていた道を使用します。観光シーズンになると混み合うこの道ですが、道沿いに「渋滞回避 迂回路」と看板があるのです。新島々の駅の近くのコンビニの横から入ります。県道315号線です。国道158号線と並行に走っています。快適な道路です。道幅も広いです。現在、工事中の道路と接続される予定なのでしょうか?残念なところが2点、1つは、途中で道幅が狭い場所が2カ所ほどあります。2点目は、国道158号線への復活が困難です。いずれ解消されるのを期待します。なお、1枚目の写真の左側に見える土の山は、道路整備中のトンネルの残土だそうです。

しかし、この道沿いには、リンゴ畑です。よく見れば、小さいリンゴが見えていました。秋の収穫時期が待ち遠しいです。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-令和4年度, 長野県
-, , , , ,

© 2022 White Wave