平成18年度以前 温泉

世界を股に掛ける橋 明石海峡大橋 ②

https://white-wave-s.com

実は、タイトルを「千畳に掛ける橋」と迷ったのですが…

明石海峡の幅は、約千畳です。(あくまでも個人的推測です…。)今回は、オノコロランドに立ち寄ったことも有り、無事落ち着きましたが…。では、2日目の朝です。

2日目(平成17年1月10日) まだ、有効期限の初詣に

本日は、まだ1月の10日ですので、初詣の有効期限内です!と、ホテルの布団の中で考える目覚めの朝です。温泉があるので、布団からの自立が出来る「おじさん」です。幸か不幸か、この頃は車中泊に憧れているので、ホテルでの持ち込みの食事を食べるのが残念でした。せっかく家を出ているのに部屋の中でご飯を食べるのが悲しかったのです。今思えば、少し贅沢ですが…。

では、出発です!なお、引き続き海岸線の旅継続中です。とりあえず、「道の駅うずしお」が目的地です。福良港を抜け、休暇村淡路付近の山道を海岸線沿いに進みます。

9:54「福良鳥取」に到着です。なお、ここの地名は今回初めて知りました。こちらは、うずしおラインを走っていると海側に降りれる道が見えたことから立ち寄っている場所です。何故かお気に入りで、ここを通り度に、立ち寄っています。

10:10道の駅うずしおです。駐車場から歩いて「大鳴門橋」の間近まで移動します。一応ですが、海上を見渡し、うずしおを探しますが、見つけられません!ここからは見えないものなのでしょうか?少なくとも、私は見たことがありません!なお、こちらの道の駅からこの鳴門大橋の橋脚部分を間近に見ることが出来るのですが、道の駅からは、結構な下り坂と階段を降りる必要があります。そのため、振り返りながら降りて下さい!そうしないと、私達みたいに毎回降りてから、帰りの登りを戻ると…。お腹が空きます!罪なことに、こちらの道の駅には、海の見えるレストランがあります。ほぼ、最初の写真のような景色を見ながら、景色とお腹を満たしてくれます。しかも、このレストランはメニューが豊富で、新メニューを用意していてくれています。まったくもって、酷いレストランです。おかげで、早めの昼ご飯にもかかわらず、2人とも満腹です!ちなみにこちらでの車中泊ですが、駐車場が岬の先端部にあるため駐車場の両側が海で吹きさらし状態です。しかも、地面が傾いています。さらに、トイレが施設側に近い場所にあり、少し不便です。特に風が強い日には、怖い場所です。特に寝る前に飲まれる方には、お勧め出来ません。車中泊後の予定もありますが、お勧めは「淡路島南PA(上り)」です。こちらは高速道路上ですが、この当時には無料のマッサージチェアーまである施設でした。なお、残念ながら「淡路島南IC」からは利用できません。四国側から淡路に入る時に利用して下さい。

結局ですが、ご飯を食べたりとゆっくりと過ごしてしまい、ここを出発したのは、11:54でした。腹ごなしのドライブです!意外と時間が遅くなりました。少しペースアップします。

「緑の道しるべ阿那賀公園」です。こちらの海岸線の移動中に必ず立ち寄る場所です。アンモナイトの石像が哀愁を漂わせているので立ち寄らないわけにはいけません。ここからの「大鳴門橋」が見返り美人です。決して、嫁のことでは無いです!

次です!「慶野松原海岸」です。こちらに入る道の場所に「たこ焼き屋さん」があるのですが、見落としたのでしょうか?営業していなかったです。こちらから見る夕日が大好きですが、本当は、たこ焼き休憩を予定していたので残念でした。

さて、本日のメインです!伊弉諾神宮です。初詣の有効期限と思いながら来たのですが、有効期限内だったのは私だけではありませんでした!他の方々もたくさん来られています。駐車場に入る前から混んでいたので、分かったいたのですが、ここまで来たのでお参りさせていただきました。

お参り後も、海岸線を考えましたが、嫁の一言で「津名一宮IC」から高速です。なお、混み合う淡路SAでお土産を購入して帰宅です!1泊2日の海外旅行の終了です!

なお、お土産は、無事この日の内に、おつまみとしていただいています。

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-平成18年度以前, 温泉
-, ,

© 2022 White Wave