平成25年度 温泉

夏!海!和歌山!白浜!愉快リゾート白浜御苑!&1泊! ②

https://white-wave-s.com

2日目(7月21日 日曜日) 久しぶりの白良浜で海水浴!泳げませんが…

昨日は、アドベンチャーワールドで全力で遊ばせていただき、宿で爆睡でした!決して早くない目覚めです。毎回、宿泊した時は、部屋の写真を取りようにしているのですが、いつも思い出すのは宿を出る時です。念のために申し添えておきますが、部屋は片付けてからチェックアウトしています!8:11出発です!(28℃)なお、白良浜では花火が上がるのですが、昨日は熟睡していました!

8:20白良浜です!正面にある駐車場に止めます!(2,000円)この時間ぐらいが、駐車可能の限界の時間です。こちらの海水浴場の特徴です。砂浜が白いです。真っ白です!私の心のようです!あっ、まだカメラを購入していないので、本日の写真がありません!そのため、文書だけになります。続けます!海はきれいです。こちらの使用者層は若いです!少し、場違いな感じもしないわけではないですが、たまには良い環境です。また、砂浜にはDJブースや足湯設備があります。そして、周囲には温泉ホテルが林立しています。ホテルからは歩いて移動可能な範囲です。もちろんですが、由緒ある万葉の時代からの温泉もあり、十分こちらの場所も1日、遊ばせてもらえます。&遊びます!ただ今の気温28度です。海水浴日和としておきましょう!日除けタープを設置して、準備完了です。では、朝ご飯をいただきます!海のコンビニ朝食の定番のざる蕎麦です。プシュー!嫁の許しが出ました。一気に、私にはここがハワイになりました!

浮き輪とお腹が膨らんだところで、一泳ぎです!(足の着く範囲です)話は変わりますが、初めてこちらに来た時は、日除けも無く、海の家でパラソルをレンタルしたのを思い出します。

この日は13時くらいまで、ここで過ごしました。写真も無く、記録でも以上の内容のため、これだけです。とれとれ市場で昼食を確保して宿に向かいます。

13:52愉快リゾート白浜御苑です。(32℃)昨日は、アドベンチャーワールドで遅くなるのと、こちらの愉快リゾートは人気のため、予約が埋まり高い部屋しかあいていなかったので、2日目に利用しています。私達には珍しい1泊2食の予約です。なお、こちらの愉快リゾートになってからは2回目の利用ですが、愉快リゾートになる前のホテルは何度か、利用していました!基本的には、ホテルの温泉の形状は同じでした。昔は、スタッドレスを装着していなかったので、冬になれば、白浜、夏の海も白浜でした。さらに、年末年始も…。つまり、お出かけ=白浜の時代が思い出されます。昔話をしたのは、他でもありません。ここからは、愉快リゾート白浜で過ごします。昔話ついでですので、私が独身時代から愛用していた温泉が、三重県の津にある、榊原温泉です。こちらの紹介は別の機会として、こちらの温泉の近くに「愉快リゾート」の看板が設置されており、その時から金額に興味があったのですが、何処にあるホテルと言う肝心の事が記載されていなかったので、分かりませんでしたが、最近のコマーシャルで知り、また、利用し始めました。

さて、こちらの温泉ですが、温泉の湯自体には特別なところは感じません。前述した榊原温泉は、ねっとりとした感じがとても良いのですが、恐らくこちらは、単純泉系かと思います。こちらの白浜温泉の良いところは、この温泉のある場所の良さかと思います。近くにある白良浜、また各温泉宿の温泉設備は、華美にならない程度に豪華です。そのため、こちらの温泉は、設備と環境を合わせて楽しむのがよろしいかと思います。また、以前は、こちらの周辺の温泉宿を共通利用できる「湯巡り」があり、色んなホテルの温泉を楽しませていただきました。その時の記憶で、一番のお勧めは「ホテルシーモア」(現:キーテラスです。なお、現在の様子は分かりません)こちらの温泉は、海の岸壁にある温泉で、海を一望できる屋内浴室と断崖の上にある樽風呂が点在は位置されており、海の景色と共に、樽風呂なので1人で堪能出来ました。いつも私達は、ここを「湯巡り」で、チェックイン時間の前の時間帯に利用して、貸し切り利用をよくしていました!他の、ホテルの温泉も楽しみましたが、現在では同じ名前で営業しているホテルは数えるほども無いです。愉快リゾート白浜御苑ですが、現在はプレミアと言う名前も付加されており、温泉の内装もかなり手を入れられて、様変わりしています。

でっ、結経ですが、前日のアドベンチャーワールドの疲れと本日の白良浜での海水浴で疲れているので、プシュー!で、温泉を繰り返し、久しぶりに漫画を見させていただきました。プールもあったのですが、若さと体力が不足していますので…。後は、嫁とゲームセンターです。なお、晩ご飯はバイキングです!貧乏人の敵か味方か、分からない様式です。いつも食べ過ぎてしまいます。事前に、分かっているのですが、食べ過ぎです。これを治すには、お金持ちにならないと直らないと思っています。…。そのため、不治の病かと思います。こうして、白浜の2日目の夜も更けていきます。プシュー!おやすみなさい!!

3日目(7月22日 年休・月曜日) 平日の年休を平休と呼び、仕事の日よりも疲れます!

朝から、温泉を楽しませていただきましたが、私が温泉利用をすると、体が休まるのか疲れるのか、分からなくなります!昨日の夕ご飯に引き続き、本日の朝食もバイキングです。2食もバイキングが続くと、「盆と正月が一緒に…」状態です。楽しいのですが、忙しいです!お腹の成長が著しい、3日目の始まりです。ホテルの窓の外には、昔からある高級ホテル「川久」です。そちらは、宿泊はありませんが、「湯巡り」で温泉だけ利用しています。残念ながら、温泉は高級感を感じられませんでしたが…。

では、9:27愉快リゾート白浜を出発です!(28℃)温泉があるホテルに宿泊すると出発時間が遅くなります。本日の予定は、一応白浜に来たので、観光地を巡り、押さえておきます。変化が無いかの確認です!

9:38千畳敷です。(27℃)名前ですでに想像が出来ますが、海辺にある岩場の広い場所です。そのため、各地方にあったりする名前です。こちらの特徴は、やはりミルフィーユ状に重なって出来ている岩場です。質感は、砂が固まったような感じで、余り固くはありません!そのため、観光客のメモリアルスペース状態です。名前が彫られています。海辺ですが、波は普段来ていないので、落書きが消されることがないので、岩が気の毒な感じです。9:45移動です。

10:00三段壁です。(27℃)こちらも絶壁の断崖です。誰ですか?私の後頭部を見ているのは?私は薄いですが、絶壁ではありません!こちらは、地下にある洞窟と岩の切れ目に入り込む波の様子を地下のエレベーターで見に行くことが出来ますが、何度も行っているので、今回はパスです。なお、こちらの三段壁は意外と海に向けて幅があります。また、駐車場は、狭いですが無料の駐車場が分かりにくい場所にあります。10:10愛想も無く、移動です!次の目的地までの途中に円月島にもお別れです。

10:37とれとれ市場到着です。こちらで、海鮮丼を食べる機会は、いつでもあると思っていたのですが、気がつけば最終日の昼です。しかも、バイキング2連続後の、昼食です。困りました!私の大食いのお腹を持ってしてもお腹がすいていません!仕方が無いので、干し魚を何枚か購入してお土産です。なお、私的なとれとれ市場系の1番のお勧めは、「道の駅舞鶴とれとれセンターです。理由は、好き嫌いがある所ですが、食べたい品物を選べば調理をして提供してもらえます。自分で焼くのが楽しい方には向きませんが…。でも、失敗も手間もないので、私は好きです。10:52移動です。

11:09国道を進んでいると「おせんべい屋」さんです。友人達と行った時に、自宅用のお土産を買ったところですが、嫁が気に入っていたので立ち寄り、海鮮せんべい、カレーせんべいなど4種類の購入です。

では、一気帰りです!11:21阪和道南紀田辺(31℃)→12:20大阪府お邪魔します!→12:45堺料金所(@2,650円)34度です。さすがにアスファルトの上は暑いです→12:54八尾料金所(@500円)→13:00第二京阪→13:10京都府です→13:11京田辺料金所(@450円)→13:13久御山南(@450円)う~んこのコースは小刻みに料金が掛かります。

無事帰宅です!(35℃)自宅が一番気温が高いです!その中を昨日の海水浴場の片付けです。あ~、温泉でも入りたい!それにしても、そろそろ私も休みが欲しい!では、軽くプシュー!&おやすみなさい!!

忘れていました!どうしてもお伝えしたいことが!和歌山県の白浜に今回行きましたが、初めて行った時から変わらずあるもので、ずっと気になっていたのですが、フランスのパリ、凱旋門の所と同じラウンドアバウト(環状交差点)があります。かなり持ってお伝えしましたが、交差点が信号機では無く、円形を廻るようにして、希望の方向に進む交差点です。何度通行しても、私は緊張しますので、お伝えしました!

 

 

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-平成25年度, 温泉
-, , , ,

© 2022 White Wave