平成25年度 温泉

急いては夏をし損じる!シーカヤックキャンプ&城之崎温泉!①

https://white-wave-s.com

7月も2週目です!桜に季節も短いですが、夏も短いです。

最近の夏の恒例行事、キャンプと言えばWEランドでした。しかし、夏の計画を立てていると思い出しました!春の桜で城之崎に行っていた時に見つけたシーカヤックです。しかも、嬉しいことに城之崎温泉に近く、福利厚生で割引が可能で、キャンプ場元就にあります。欲張りに楽しめる場所が増えました!

なお、仕事はともかく、遊ぶことには熱中して遊びます!そのため、写真には、偏りがあります。全力で遊んでいる時には、写真が少ないのです。皆さんなら分かりますよね!それにしても、言葉は言いよう、使いようです!念のためですが、初日はシーカヤック以外の写真はありません!出発は土曜日の朝です。夏の車中泊は、出来ません!また、特に今回はキャンプもしますので、荷物の積載上、寝るスペースが確保出来ないです。

1日目(平成25年7月13日土曜日) 車中泊では無く、早起きで補います!

4:11自宅を出発です。(28℃)朝寝、朝酒も素敵ですが、早起き、朝出も素敵です!朝から暑いですが、今日は暑い方が良いです。限度がありますが…。→4:26高速です→5:20和知ICです→5:43天橋立ICです。

途中でコンビニに立ち寄り、7:00竹野浜です。今回の予約遅れが影響して、朝一番のシーカヤックではなく、午後の部です。そのため、先に海水浴です。こちらの海水浴場は、砂浜がきれいです。また岩場も有り、磯遊びが出来ます!残念ながら、遠浅ではないので、私は、砂浜から5Mぐらいの範囲で浮き輪を離さずに、チャプチャプです。私達は、竹野浜海岸の東側を愛用していますが、多くの方は西側を利用されています。(海の家が2軒程あります)そちらには、日帰り温泉「絶景温泉北前館」があります。海水浴後には最適の場所です。なお、併設の資料館も面白いので、是非見学して下さい!

竹野浜海岸です。最初に、タープ設営で荷物を運び込みます。海に入るのも好きですが、海を見ながら食事をするのが大好きです。と言うことで、海に来て最初にすることは、朝ご飯です!コンビニ弁当です。本来であれば、飲みたいところですが、シーカヤックがあるので控えています。この後は、チャプチャプとタープで寝るを繰り返します。私の海での過ごし方です。時刻も過ぎ、11時になったので移動します。

11:15休暇村竹野海岸です。本日、お世話になるキャンプ場になります。しかし、利用できるのが13時からなので、このキャンプ場の下にある、「庵蛇浜」へお散歩です。こちらの海岸で昼食をいただきます。なお、こちらのキャンプ場は駐車場が頂上で、キャンプ場、庵蛇浜へと下る形状です。しかも、しっかりときつめの坂です。1時間ほど、過ごしました。

12:30竹野スノーケルセンターです。待ちきれずに、来ました!しばらく、こちらの海岸をお散歩です。こちらの海岸は岩場が続く場所で、海水浴向きではないです。家族連れが、何組か遊ばれています。どちらかと言えば、まだ泳げないお子さんを連れた家族です。

では、本日のメインです。シーカヤックです。ここで、写真が無い、1番の理由です。海水浴は、水が有り、特に海は塩水です。カメラを持って来にくいです。そのため、シーカヤック等で写真を撮りたい場合は、「写るんです 水中写真」を購入していました。そのため、今回を機に、「リコーのデジカメ」を帰宅後に購入しています。現在は2代目を使用しています。(初代はカメラは、使用できるのですが、バッテリーが充電できなくなりました)なお、このカメラで上高地などの川の中の写真も撮影しています。下記が2代目ですが、型落ちです。操作方法が同じで良いのですが、新品なのですが、新しく買った気がしないのが、唯一の難点です。このカメラのお勧めは、雨の日も問題なく、海や川でも使用でき、雪の時も大丈夫です。そのため、翌年以降は、水関係でも写真が多くなりました。

シーカヤックです。今回の参加者の方が子供さんが居られ、波もあったことから施設の前の湾内をシーカヤックです。途中で、海岸にも移動して、海の生物観賞をしています。なお、写真はデータをいただいた物です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15:09シーカヤック終了です。施設でシャワールームを使用して、海水と汗を流しましたが、これからキャンプ場でテント設営ですので、また汗を書きに行きます!

15:19休暇村キャンプ場到着です。隣ですので、移動が早いです。こちらのキャンプ場では、福利厚生で割り引き利用をしています。電気・水道付で@3,000円と利用料@400円です。合計、3,800円で2,500円引きで、1,300円のお支払いです!なお、この他に夜に、休暇村の日帰り温泉を利用しています。

私達のキャンプスタイルは、WEランドでお隣さんを見た時から変化して以来、コールマンタープと2人用の小型テントスタイルです。なお、この日は、テント設営後から延々と晩ご飯の用意をして、お風呂に入ってたのは19:00でした。プシュー!おやすみなさい!!なお、こちらのキャンプ場は休暇村竹野海岸の管理のため、予約後に予約票が郵送されてきます。もう少しでただになる領収書です。それにしても、ルームタイプの表記が泣かせます。

PR

-平成25年度, 温泉
-, , , , ,

© 2022 White Wave