四国 平成21年度 温泉

年末年始 車中泊の旅! 四国・小豆島! ③

https://white-wave-s.com

3日目(12月30日) 小豆島からの高知、桂浜、高知城からの宍喰

6:30起床です。誰も居ない駐車場での目覚めです。ひょっとしたら、道の駅の駐車場では無かったのかも知れません。すでに車中泊後で1晩過ごしています。では、朝食です。昨日見つけていた、この場所を下った場所で海を見ながらも良いのですが、動くのが面倒です。この場所で頂きました!

7:03出発です。(5℃)本日は、昨日とは反対方向、左回りで進みます。せっかくですので、海岸線を遠回りして向かいます。

8:05道の駅大阪城残石記念公園です。(4℃)こんな時期のこの時間に来ておいて何ですが、人が居ません!こちらは名前の通り、大阪城の築城の際に必要な石の運び出しをした遺構を残し整備して道の駅にされた場所になります。こちらには、当時の様子を分かる屋外展示がされており、それらを体験することが出来ます。陸上運搬ではソリを使い、水上では舟に乗せて運搬されていた様子の展示と体験です。恐らくですが、実際に人が引っ張っても体を壊さない程度の石が載せられていたのだと思いますが、充分に重いです。何分にも、無理は禁物です!思いもよらず、年末のこの時期に重労働でした。では移動です!

8:47エンジェルロードです。こちらは、以前に何かで見たので、今回予定地にしていました。場所は、若干分かりにくいです。一見すると、ホテルへの入り口にしか見えません!その奥にあるのが、エンジェルロードです。こちらは、干潮時に陸地と島が砂州で繋がる場所になります。そのため、ここに来るには、時間を下調べしてからで無いと、単に沖にある島を見るだけになります。ちなみに、ただ今の時間では、島見学でした!ちなみに写真の手前の砂が突き出ている場所から、島に繋がるようです。残念ながら、今度繋がるのは、午後になるようです。繋がる時間はこの場所に記載されていました。そのため、しばらく海を見つめるだけでしたが、振り返ると丘の上に何かあるのが見えます。時間があるので見に行きます!

こちらは、桂由美さんプロデュースの「恋人の聖地」を絶賛作成中です!まだ工事中で完成はしていませんが、もうすぐ完成しそうです。こちらからは、先程のエンジェルロードを見下ろして見学できる場所となります。先程、島が繋がる時間の紹介を見て、この時間には繋がらないのを知っているのですが、それでも後ろ髪をひかれます。でも、代わり映えしないので、移動します。なお、こちらの景色は先程のホテルからは正面に見ることが出来ます。

今頃ですが、今回は小豆島の観光ガイドを持参せずに来ています。そのため、フェリー乗り場でもらった観光案内で回っています。その中で、私の記憶があるものを優先的に回っています。

9:35土庄海峡です。こちらは、知る人のみ知る「世界一狭い海峡」です。一見すると、よくある田んぼの中を流れる用水路程度の幅です。でも、正直なところ、ここまで護岸されてしまうと原型が分かりません!でも、ここは素直に感激しておきます!ギネスにも掲載されている場所ですので、何度か往復しておきました!

本日の四国便の時間は、10:20です。そのため、土庄港に向かいます。

9:40土庄港です。まだ時間があるので、買い物です。港の近くにお土産屋さんがあるので、お弁当やじゃこ天を購入です。横には、二十四の瞳の銅像です。折角ですの私達も参加して二十八の瞳にしておきました。

10時には、私達が乗るフェリーが入港してきました。それにしても、毎回思うのですが、カーフェリーの入港時間の少なさは、いつも私は心配しています。フェリーが入港して、乗客や車を降ろして、再度乗船、乗車するには時間が少なすぎると思います。私は、単なる乗客ですが、いつも心配をしています。それはさておき、無事乗船し、出港です!滞在時間が少なかった小豆島ですが、離れるとなれば、寂しい感覚です。離れる、小豆島を見送ります!

11:29高松港に入港です。(12℃)現金な物で、高松が見えてきたら、気持ちはすぐに、四国でいっぱいです。では、次の目標の桂浜へ向かいます。

11:50高松西ICです→11:56府中湖PA休憩です→13:40頃高知IC降ります。

14:09桂浜です。(14℃)何でしょうか?暖かく感じます。実際に暖かいのか、雰囲気なのか、イメージなのかは分かりませんが、とりあえず暖かいです。では、桂浜に来たら最初にすることです。龍馬さんとご対面と記念撮影です。さすがに、この時期の海岸には、人が少ないです。でも、無人ではありません!数十人は、居られます。しばらく、海岸をお散歩です。BGMは「青い三角定規」です。なお、嫁が海岸の小石を収集しています。こうして集められた物が、自宅玄関の靴箱の上に所狭しとあふれています。あふれているぞー!本来ですと、夕日も観賞していきたいところですが、今晩のお宿の関係もありそうも行きません!14:55移動します。

15:29高知城・めはり市場です。こちらも、本来であればここで飲みながら夕食がベストですが、移動が出来なくなるので、食べるだけです。でも、食べる前に高知城を外から見学です。城内には、有名人の銅像が点在しています。では、めはり市場です。高知城の近くで、歩きでも門から5分ほどでしょうか?頂きます!私は、鯛丼、嫁が鰹のたたきです。昼ご飯の時間が遅れていたのが響きました。私の普段の実力を考えれば、もっと食べれたのですが…。この場所は昼間から飲まれていますので、近くで宿泊して飲み過ごしたくなるのですが、結局実現できませんでした。16:46出発です!

17:39道の駅やすです.(12℃)既に周囲が暗いです。本日の宿泊地に向けて、鋭意進んでいるのですが、途中にある道の駅にはどうも立ち寄ってしまいます。こちらの名称は「やす」です。こちらにある木は「やし」です。オヤジギャグなのでしょうか?嫌いでは無いのですが、正解を教えてもらいたいです。このように、暗くなってからもきれいなのですが、こちらは明るい時間の海岸線もお勧めです。なお、こちらのお店で販売されている「黄金生姜」は特にお勧めです。私達は、讃岐うどんのお土産を購入して、ここで黄金生姜を購入して、自宅で食べることが多かったです。最高に合います!意外に海岸線をお散歩してしまい17:57出発です!

さらに、急いで移動して、19:56道の駅「宍喰」到着です。ちなみに今晩はこの道の駅に宿泊予約をしようか迷ったのですが、到着時間が遅くなるのが予測できたので、予約せずに車中泊を選択しています。なお、この日の車中泊組は、多く駐車場は満車状態でした。これで、思い残すこと無くプシュー!落ち着いたら、隣のホテルで入浴です。なお、このホテルは朝風呂もされているので、良き方をお選びください!また、この日は入浴後には温泉効果を活かして、目の前の海岸を少しお散歩して夜食後に就寝です。おやすみなさい!!

PR

村人の背中を押して!いえ、やはりこちらを☟

-四国, 平成21年度, 温泉
-, , , , , , ,

© 2022 White Wave